シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:観光スポット ( 12 ) タグの人気記事

18世紀の「モンスターハウス」パラゴニア邸

パレルモから車で東方向に約30分、隣町のバゲリアに到着。ここは1700年代にパレルモの貴族達が建てたヴィッラ(庭園つきの田舎邸宅)が多く残っています。

その中でも奇抜さで一番有名なのがパラゴニア邸(Villa Palagonia)。18世紀にパラゴニア王子とその子孫により完成されました。
d0110650_03185274.jpg
このお邸は奇妙な装飾があることから別名「モンスター・ハウス」と呼ばれ、当時多くのVIPがここを見学にやってきています。ちなみにドイツの詩人ゲーテもその1人。
d0110650_03213012.jpg
その奇妙な装飾というのが、これ。邸をとりまく壁の上にあるブキミな彫刻群です。
d0110650_03330505.jpg
ライオンと羊かしらん…なんとなく顔が人間ぽっくて奇妙ですね…
d0110650_03325146.jpg
ここまでいくと、もう何の動物だかわかりません。やっぱ「モンスター」一言で片付けてしまいましょう。
d0110650_03331977.jpg
モンスター群は大きく分けて音楽家達と紳士淑女そして動物モンスター系があります。これは音楽家グループ。奏でられる楽器が聞こえてきそう…
d0110650_03332986.jpg
紳士淑女はアーチの上にびっしりと結集し、こちらを伺っているようです。ここ、深夜の肝試しによいかもしれません。(笑)
パラゴニア邸は現在も私邸ですが、一般公開されています。午前9時~13時、午後は16時~19時ですが11月より午後の観光時間は変更予定。(入場料要)

パレルモから列車も出ていますが、専用車を利用すればパレルモからソルント遺跡と抱き合わせで半日日帰りまたはチファルーとあわせて終日観光などが可能です。


[PR]
by noranekosicilia | 2016-10-04 03:46 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

パレルモ大聖堂内の日差し時計、200年の「時ズレ」

パレルモの大聖堂内にある「日差し時計」。1781年から始まった大聖堂内の改装の一環として1801年に設置されました。
d0110650_18512010.jpg
このころはまだ「時間」というものが確実に統一されていなかった時代。いうなればみんな各々の「腹時計」で動いていた時代です。
だから当時の大司教さんが、大聖堂内に誰でもわかりやすく季節と時間を示すアイテムを作ることで「時間」の共有と統一を試みたというわけでした。
d0110650_18412393.jpg
正午になると、この小さな穴から光が差し込み、大聖堂内の金属線上にある部分を示すようになってます。日差し時計の横には12正座の装飾がされ、それぞれの季節マークに近い線上に日が差し込む仕掛けです。
これを設計したのは当時のパレルモの天文学者。天文観測所の所長を務め、彗星も発見した学者です。
d0110650_18413322.jpg
しかしながら、200年間の時には勝てず、現在はちょこ~っとズレて光が差し込んでしまいます。これは今年2016年撮影。
太陽系の運行経路が少しずつ変化していくことを目の当たりに感じられる決定的瞬間でした。

[PR]
by noranekosicilia | 2016-09-08 19:08 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

忘れ去られた都市「ソルント」

久々にソルント遺跡へ行ってきました。パレルモから車で僅か40分少々で到着できる観光地ですが、いわゆる「シチリア島の黄金観光」ルートからは外れていることや、観光設備が乏しいためあまり出向くことは無い場所のひとつです。
d0110650_01162239.jpg
どうですか、この見晴らしの良さ!標高150~200mくらいの丘の上に遺跡が広がっています。
ソルントの存在はギリシャの歴史家トゥチディデスによって記述されていることから、紀元前5世紀くらいには既に町は存在していたようです。当時はパレルモ、モッチアと並ぶフェニキア人の3代拠点だったそうです。

d0110650_01330458.jpg
ザフラーノ岬も一望できるまるで自然の展望台のようです。フェニキア人達はここを通る船の監視・警備を考慮して街づくりをしたそうです。車もない昔になんと不便な…と思いますが、昔は防御のためにこんな高い場所に町を作るのがアタリマエだったのですよね。
d0110650_01375837.jpg
現在残っている遺跡は紀元前3世紀~紀元1、2世紀くらいのもの。時はローマ時代(ヘレニズム期)でした。
d0110650_01394342.jpg
「ジムナシウム」と呼ばれる施設の跡。今のスポーツジムの語源になった施設ですね。実際はこのあたりでジムナシウムは発見されていませんが、この付近から出てきた碑文に「アポロンのギムナシウム」と刻まれていたためにこう呼ばれています。
d0110650_01453009.jpg
しっかし、だ~れもいませんでしたね。観光シーズンにこんなに静かな場所があるんです。ティレニア海から吹く風は強く、でも荒涼とした遺跡にはピッタリな感じでした。

ソルント遺跡はパレルモから近いのですが、公共交通機関はありません。車必須ですので、パレルモからの専用車を予約するのが一番です。
パレルモから日本語ガイドつきでバゲリアやチェファルーと一緒に回るのもいいですね。


[PR]
by noranekosicilia | 2016-08-26 07:00 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

パレルモ、パラティーナ礼拝堂の文化的コントラスト

パレルモ、ノルマン宮殿内にあるパラティーナ礼拝堂(Capella Palatina)は、1132年シチリア王国初代の王となったルッジェーロ2世によって建てられました。

シチリア王国の首都パレルモには当時、イスラム教徒であるアラブ人、ギリシャ正教徒のビザンチン(現トルコ、ギリシャ)からやってきた人そしてカトリック教徒のラテン人が混在していました。

この宗教も言語も違う人種によって作り上げられたのが、パラティーナ礼拝堂なのです。
d0110650_445091.jpg


天井部がエジプト出身のアラブ人、それを支えるモザイク装飾はビザンチンからきた職人達です。
まさにイスラム技術とビザンチン美術の美しき融合です。

d0110650_445091.jpg

天井は「ムカルナス」と呼ばれる手法。12世紀当時では最高の技術を誇ったファティマ朝からの芸術家が作り上げました。それぞれに彩色豊かに絵がかかれています。華や植物、動物、アラビア語から、半裸の踊りを踊っている女性などをモチーフにしていますが、イスラム教徒からはタブー視されている題材も多く、遠くからは単なる色の波としかみえないようにされているのです。

パラティーナ礼拝堂は1月1日、復活祭やクリスマスなど特別な祝日以外はほぼ毎日見学可能ですが、日曜と祝日は午前中、さらにミサなどもあるために見学時間は限られます。
[PR]
by noranekosicilia | 2015-01-22 04:39 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

「島」の「孤島」ラグーサ

久々にやってきましたラグーサです。
この町はシチリア島でも高速道路などの設備がないためアクセスが悪いため、「シチリア島の孤島」とまで言われています。

アクセスの悪さが原因でシチリア島旅行のゴールデンコースからはすっかり外され脇役となってしまう町なんですが、シチリア内陸部独自の分陰気なども含め見所十分な町なんです。

旧市街ラグーサイブラは1693年の地震で崩壊後、バロック建築の町並みとして生まれ変わり世界遺産にも登録さています。
イブラの写真はウィキにて

d0110650_2321042.jpg

新市街ラグーサスペリオーレの路地。新市街といってもレトロ感覚いっぱいです。
d0110650_2323168.jpg

考古学博物館はオフシーズンということもありましたが、誰もおらずしかも無料でした。
ラグーサ近郊はギリシャ人が殖民してくる期限全8世紀以前から原住民が存在し、先史時代からの歴史をもつシチリア島でも非常に古い居住区なんです。
d0110650_23254226.jpg

17世紀建造の大聖堂。こちらは新市街のもの。聖ジョバンニ大聖堂です。

1693年の地震後旧市街に町を再興するか、新天地に新しい町を建設するかで住民の意見が分かれ、1926年まで旧市街(イブラ)と新市街(スペリオーレ)という2つの町に分割されていたため、ラグーサには2つの大聖堂があります。
d0110650_23314836.jpg

ラグーサ県は酪農や農業が盛んな町。おいしいワイン、チーズ、サラミ類が沢山です。

d0110650_23295843.jpg

夕刻のお散歩。新市街にかかる3つの橋からの眺めは幻想的でした。

時間があれば町に1泊というのがよいですが、シラクーサやカターニャからの日帰りなども可能です。
専用車、日本語ガイドなど手配やお問い合わせはこちらにて。
[PR]
by noranekosicilia | 2014-12-05 23:40 | シチリアの町

カターニャの夜景

冬のシチリア、もちろん手放しに暖かいわけではないですが、それでもお天気がよかった日の夜は空気も澄んで、夜のお散歩には最高です。

久々に訪れたカターニャの町。夕食前にちょっとチェントロをお散歩。

d0110650_14764.jpg

カターニャの中心「像の広場」。美しいバロックの建物で囲まれています。
夏と比べると人も少なく、広場を独り占めしたような気分です。

d0110650_183946.jpg

ライトアップされた大聖堂は、昼間より幻想的。

d0110650_15518.jpg

アメナノの噴水は大理石で作られているので、夜景に映えます。
噴水の下は2メートル下の地下を流れる川。ゆらゆらと灯りに揺れる姿が現実を逃避させるような美しさでした。

d0110650_16542.jpg

少し足を伸ばしてウルシノ城まで…。ここもライトアップされています。

バロックの建物で埋め尽くされたカターニャの町並みは、うっすらとしたオレンジの光と白いライトで浮かび上がる夜景がとてもよく似合い、魅力的です。

2月3日からは、カターニャ最大のお祭り「聖アガタ祭り」が行われます。
3日、4日、5日の3日間は夕刻から夜にかけても多くの人が大聖堂広場に詰めかけ、盛大な熱気となります。

この時期にシチリア島を訪れる方、是非カターニャに滞在して「カターニャの夜」をお楽しみください。
[PR]
by noranekosicilia | 2014-01-23 01:30 | シチリアの町

ピアツッア・アルメリーナ「カザレ荘」

久しぶりにピアツッア・アルメリーナにある「カザレ荘」を訪れました。すっかり改装も終了し、新しく生まれ変わった感があります。
d0110650_16123293.jpg


カザレ荘(VILLA ROMANA DEL CASALE)は、紀元4世紀頃建設のローマ時代の大豪邸。それ以前にあった田舎屋敷の敷地上に建設されたそう。

お屋敷の持ち主は断定されていないのですが、ローマ執政官または皇帝の「夏の別荘」だったとか…当時、この地を掌握していたのはマキシミリアヌス帝。やっぱ、皇帝のほうがネームバリューもファンタジーもありそうだから、私もマキシミニアヌス皇帝の所有物説 を支持してます(ミーハーですみません 笑)。

d0110650_16361380.jpg

カザレ荘の見所はなんといっても床のモザイク装飾!1161年の地すべりですっかり土砂に埋まってしまったこの建物は、そのおかげでモザイクの保存状態がとてもよいのです。42色の石で装飾されたモザイク床は63室。3500平方メートルの描写面積となり、当時の生活形態を知る貴重な資料のひとつでもあります。

では、その一部を…

d0110650_16373250.jpg

「小狩の部屋」。 当時のローマ市民達のレジャーのひとつであった「狩りの1日」が描写されています。

d0110650_16442193.jpg

「子供と鳥の馬車競技」 ローマ市民達の大好きなスポーツ競技のひとつでした。今ではすっかりサッカーと変ってしまいましたが…このお部屋は子供部屋だったそうで、そのため馬でなく鳥が競技してます。

d0110650_16472626.jpg

見学メインの場所「大きな狩の大廊下」にあるモザイク一部。廊下の全長は59メートル以上もあります。
当時のビジネスとしての「狩り」の模様。アフリカなどで生け捕りにされた動物達は船に乗せられ、シチリアを経由し本国ローマへ輸送され、コロセオでの戦闘ショーに使用されました。

d0110650_16514718.jpg

そしてカザレ荘で最も有名なモザイクのひとつ 「ビキニ女性達の部屋」。当時から、ビキニはあんまり変化してないですね~。ビキニ姿の彼女達は当時のオリンピック競技となっていた5種競技 (球技、陸上競技など)を練習しているところだそうです。

この他にも「愛の部屋」、「ヘラクレスの横臥食堂」など様々な美しいモザイク見学で大満足ですが、より感動的なのは…

d0110650_16584087.jpg

遺跡に触れられること です!紀元4世紀のモザイクの上を実際に歩いたり、建物に腰をかけたり…
う~ん、これでさらに当時に思いをよせられる というもの…

1997年よりユネスコの世界遺産として登録されたカザレ荘。遺跡までのアクセスはあまりよくないので、効率のよい観光にはパレルモまたはアグリジェント~タオルミナやシラクーサに移動する際、専用車利用での立ち寄り観光が最もオススメです。

観光つき長距離送迎
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-17 17:07 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

タオルミナでの自由時間にミニクルーズ!

シチリア島屈指のリゾート地タオルミナはシチリア旅行では外せない町。
d0110650_23442415.jpg

イオニア海を望む絶景!新婚旅行のオススメスポットとしてもイチオシの美しい町ですね。

お散歩、ショッピング、ビーチでのんびり がタオルミナの代表的な過ごし方ですが、半日時間があればミニクルーズもオススメ。世界的に有名な「青の洞窟」はカプリ島ですが、実はタオルミナにもあるんです。

と、いうことで初夏のタオルミナ半日を利用してミニクルーズへ出かけました。

d0110650_23451839.jpg

お天気もまあまあ。あまり暑くない午前中か、夕方がオススメです。遠くにはエトナ山も見えてます。

d0110650_23463831.jpg

イソラ・ベッラ。「美しい島」という意味です。タオルミナから見るのとはまた違う印象です。この中にあるお屋敷は、かのソフィア・ローレンも滞在したそうです。なんかVIPの雰囲気漂う島ですねぇ。

d0110650_23435277.jpg

そしていよいよクルーズのメインエヴェント「青の洞窟」入り口です。

d0110650_23465951.jpg


d0110650_092443.jpg

光の屈折によって透き通るような美しいブルー色の波は幻想的…

d0110650_23563468.jpg

カポタオルミナ(タオルミナ岬)。上が同名のリゾートホテル。そしてその下、海の近くにあるコテージ風な場所が映画「グランブルー」の撮影に使用された、ホテル所有のレストラン。このレストランへはホテルから洞窟のようなトンネルをくぐって行くことでも有名です。

ミニクルーズはマザロ湾から出発。所要時間約45分程度です。
タオルミナまでの往復送迎つきミニプランもあります。
[PR]
by noranekosicilia | 2013-06-04 00:19 | 現地レポート

フローリオ家の栄光「フロリ-オ邸」が再オープン

長年クローズしていたフローリオ一族の館のひとつ、ヴィラ・フローリオ(VILLA FLORIO)が12月10日再オープンしました。
d0110650_7144285.jpg

1800年代、パレルモの一世を風靡したフロリーオ家が、当時広大な緑に囲まれていたパレルモ郊外に建てた別荘。建築家はマッシモ劇場を建設したエルネスト・バジーレ。1899年に建造されたリバティー様式の代表作のひとつです。
d0110650_7153071.jpg

屋敷内は6階。1階がビリヤード台、カードゲームのテーブルが置かれた娯楽の場、2階が大広間とサロン、3階から上がプライベートゾーン。ゲストをお迎えするバンケットなどが行われた大広間がある2階には庭から直接この階段で結ばれているのです。3階から上のプライベートルームにはお食事などが運べる業務用エレベーターもありました。

1962年の火災で被害を受けた後は何度も修復の話があったのですが、結局実現せず、今年やっと一般公開となったのです。イタリアで最古のカーレース、タルガ・フローリオの創始者であったフローリオ家。タルガフローリオ歴代の資料が一階に展示されています。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-12-18 07:16 | パレルモ観光

シチリア島の城砦

シチリア島を車で移動すると、いたるところに「物見の塔」みたいな城砦が点在しています。
d0110650_3302.jpg

地中海に浮かぶ一番大きな島だけに古くから多くの外国人の支配を受けてきたシチリア。古の時代から必要だったのが防衛設備だったのです。

シチリア島内に現存する城砦は150以上といわれ古いものはアラブ時代(9世紀)に遡るものもあります。
当然ながら高い位置に建てられているのでそこからの眺めは絶景!というとこが多いです。
ドライブの小休憩にもうってつけです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-06-16 03:03 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...