シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:レストラン ( 15 ) タグの人気記事

イソラ・デ・フェミナの超シンプルレストランで最高の夕食

昨日の続き…カポーネ3匹もらったあと、港すぐそばのトラットリーアへ。
d0110650_5224391.jpg

すごくシンプルな内装です。もlち家族経営。
d0110650_5221881.jpg

昔は魚屋だったらしく、入り口にあるデカイ冷蔵庫にはその当時の写真がありました。赤いシャツの人物がオーナー。息子は漁師。この日も捕りたての魚が賞味できます。
d0110650_5224864.jpg

まずはアンティパストから。カジキマグロのインボルティーニとカポーネのフライ。このインヴォルティーニめちゃうま!
d0110650_523816.jpg

イワシのつみれから作ったミートボール。下にしかれたカリカリパンとの愛称はバッチシ…歯の弱い人にはちょっと不向きかもね。
d0110650_5225043.jpg

シチリアの家庭料理、「サルデ・ア・ベッカフィコ」。海の定番です。
d0110650_523681.jpg

じゃじゃーん!さっき運ばれたばかりのカポーネをグリルにしたもの。低温でゆっくりと焼かれたのでジューシーでやわらかい身となりました。

このレストランはあまりにもシンプルすぎる外見からはちょっと入るのに途惑うかんじがあるのですが、新鮮な魚をシンプルに食べられて最高でした。ここを紹介してくれ、同席してくれた友人に感謝。やっぱ、シチリア島はコネでつながる社会なのです。

知り合いがものをいう世界…シチリアのレストランはやっぱり「どこで食べるか」より「誰と食べるか」で決まる世界なんですねぇ。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-27 05:41 | グルメ、フード、ワイン

「ラ・グロッタ」特製!プリプリシーフードサラダに大感激

ちょっと前に友人に案内していただいたレストラン「ラ・グロッタ(La Grotta)」のシーフードサラダです。
d0110650_24279.jpg

シフードサラダはイタリアでよく出る前菜。エビやイカ、タコ、ムール貝などを茹でてオリーブオイルをかけたものでどこのレストランのメニューにもあるのですが、ここのはちょっと特別!プリプリ感が違うのです。

d0110650_2414969.jpg

前菜として出される冷菜だけに、すでに作りおきされたものが多い中、ここは注文してから作ってくれる!だから「茹でたて」のプリプリ感が楽しめるのです。
ちなみにこれは私達が注文した分。はかりで重さを測り料金が決められます。「エビもうちょっと」とか個人個人のオーダーメイド製!
d0110650_244033.jpg

「ラ・グロッタ」とは洞窟の意味。ほれ、お店の中にいきなり岩があるのね。と、いうか、岩の洞窟(グロッタ)をレストランにしてるのですがな…

d0110650_2413857.jpg

外観はいたってシンプル。地元の人ばかりで、当然言葉は「イタリア語(シチリア方言)オンリー…

カターニャとタオルミナの間にある「アチレアーレ(Acireale)」の海近くにある小さなレストランです。席は少ないので予約必須。公共交通機関はほとんどないのでアクセスには専用車の手配またはレンタカーが必要です。

TRATTORIA "LA GROTTA"
VIA SCALO GRANDE, 46 - S.MARIA LA SCALA (ACIREALE)
TEL: 095 7648153
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-14 03:05 | グルメ、フード、ワイン

タオルミナの夜景と優雅な夕食「エル・ジェベル」のレストラン

タオルミナ在住の友人が「とっておきの場所を予約したよ!」と、案内されたレストラン。
d0110650_3402596.jpg

実は最近オープンした5つ星ホテル。「El Jevel」

d0110650_341884.jpg

タオルミナ市内では最高のロケーションのテラスではないでしょうか…ナクソス湾やエトナ山ばっちり!夏はここがレストランとなります。

d0110650_3414522.jpg

まずは優雅にバーマン特製のオリジナルカクテルから…「ピカンティーノ」という名前だそう。
この道??年のベテランバーマンは「もてなし担当だ」と名言するだけあってとってもオモシロイ。途中でマジックとかやってくれた。熟年のオネーサマ達にうけそうです。

d0110650_342099.jpg

シェフのお任せコースをオーダー。魚と肉コースがあります。これは魚コースのアンティパスト。

d0110650_3421290.jpg

メインはイカの詰め物。新鮮な素材をつかったシンプルな郷土料理です。

d0110650_3422587.jpg

デザート。アーモンドのセミフレッド。

全体的にお料理に創作性はなく、シンプルな郷土料理でしたが、なんといっても最高のロケーションと心地よいサービスで優雅に夕食が楽しめました。そして、驚いたのは夕食代!5つ星ホテルの中では今までにない良心的な料金でした。

優雅にタオルミナを満喫したい女性やカップルのロマンチックな食事などにピッタリです。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-07-21 04:00 | ホテル、滞在

オシャレなレストラン「イル・ギョトーネ・ラッフィナート(Il Ghiottone Raffinato)」

最近、ベタなシチリア料理にあきてちょっとオシャレなレストランに行きたくなることが多いのですが、そんな時に利用している店です。
d0110650_1991051.jpg

パレルモの中心、ポリテアーマ広場に近くにあるこの店、「Il Ghiottone Raffinato」はシンプルな素材にちょっぴり工夫を加えた料理法でオシャレに出してくれる店です。「創作料理」まではいかないので気軽に立ち寄れます。
d0110650_1994471.jpg

うれしいのは親切なサービス。ガチャガチャしたシチリアの大衆食堂にあきたらこういった場所でゆっくりとしたいもの!
テーブルにつくとアペリティフが運ばれてきます。
d0110650_1925872.jpg

この日はスズキのフィレのムール貝&ボンゴレソースがけをいただきました。
ワインの種類も豊富。ちゃんとソムリエが相談にのってくれます。
予算は前菜とメインの2品とワイン、水でだいたい1人40ユーロより。もちろんワインのセレクションによって値段は前後します。

Il Ghiottone Raffinato
住所 Via Salvaore Vigo, 3
電話 091 2514744
WEB http://www.ilghiottoneraffinato.it
[PR]
by noranekosicilia | 2009-05-25 19:10 | グルメ、フード、ワイン

シャッカのオシャレなレストラン「DISIO」

最近はシチリア島の田舎町でグルメなレストランが多くなってきました。
海外で修行したシチリア出身の若い有能シェフが地元で自分の店を開店するにあったって、「材料が豊かで手に入りやすく、土地も安い」シチリアの田舎町を選ぶことが多くなったようです。

シャッカのレストラン「DESIO」もそんな店のひとつ。シェフのアンジェロさんは世界中の有名なレストランで修行をつみ、地元シャッカに帰ってきました。

d0110650_6562939.jpg日本にも何度も招待される人気シェフとなったアンジェロさんは、地元の郷土料理をベースにファンタジー豊かな創作料理を出してくれます。

d0110650_6551671.jpg店内はオレンジ系の温色をベースに洗練されたモダンな装飾。前衛的センスたっぷりです。

d0110650_6574363.jpgかじきまぐろのソテー。シチリア料理の定番ですが、かじきまぐろをこれほど絶妙に火を入れるのもテクニックのひとつ。ニンジンとバジル、ミントのソースが色彩だけでなく口に含むとやわらかい魚の身と絡んで味のシンフォニーを奏でていました。

レストランはシャッカの中心広場からすぐ近くです。シャッカには温泉もあり、新鮮なお魚もたっぷり。パレルモ中央駅からも路線バスがでています。ちょっと足をのばす価値ありです。

Ristorante "Desio"
住所 Corso V. Emanuele, 107 92019 Sciacca (AG)
Tel +39 0925 86922
火曜定休
[PR]
by noranekosicilia | 2009-02-02 06:59 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...