シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

タグ:お菓子 ( 4 ) タグの人気記事

手作りのフルッタ・ディ・マルトラーナ

「フルッタ・ディ・マルトラーナ(Frutta di Martonrana)」は、先日の「フェスタ・ディ・モルテ」の日に代表されるお菓子。
d0110650_19335538.jpg


現代ではこの時期にお菓子屋さんなんかで購入されるのですが、昔は女性達が手作りして、ご近所や親戚に配ったりもしたそうです。

先日友人宅にお邪魔したときに、近所の奥様の手作りというフルッタ・ディ・マルトラーナ(以下FDMと略す)を振舞われました。お店のものとはぜんぜん違うファンタジーいっぱいの素晴らしいFMのご紹介!
d0110650_19364013.jpg

まずは定番。「栗もどき」。季節が感じられますねぇ。
d0110650_19385659.jpg

「レモンもどき」。FDMは「えせフルーツ」とも言われ、パレルモの伝統的なお菓子として認定されてます。フルーツの形が伝統的ですが、お菓子屋さんでは「酸味」を彷彿させるレモンはあまり見かけませんね。以下、オリジナルならではのシェイプです。
d0110650_19413132.jpg

ハロウインのカボチャ。FDMの歴史は12世紀。マルトラーナ教会近くの修道女達が中庭にあるフルーツをまねてお菓子を作ったのが始まりだそう。その時期には当然ハロウインは存在しなかった!

それでは、「これお菓子なの?」というオドロキの最高傑作をどうぞ!
d0110650_19414217.jpg

「ウニもどき」
d0110650_19413814.jpg

ホットドッグもどき…
d0110650_194145100.jpg

パスタもどき…ちなみにこれはパレルモ男性料理代表「パスタ・コン・ピセッリもどき」。グリーンピース缶を茹でたパスタに混ぜるだけの「女房いない日メニュー」…この辺がファミリー的で微笑ましい。
d0110650_19455075.jpg

そして最後は「パネ・パネッレもどき」ちゃんとゴマまでついている!私としては「モチーフ」も「完成度」も総合してNo1作品と思います。(しつこいようですが、これお菓子です!)

「と~っても甘い」ので個人的には苦手なお菓子ですが、カラフルでお茶目。保存もよいのでお土産にもGOODです!
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-10 19:58 | グルメ、フード、ワイン

シチリア島のお菓子度No1、カンノーリの味

いいまさらって気もしますが、今日はシチリア島を代表するお菓子「カンノーリ」のお話。
d0110650_7515577.jpg

スコルツァと呼ばれる外側は小麦粉、ワイン、ラードなどで練った生地を揚げたもの。現在は鉄の型にくるくると巻きつけ形をつくるのですが、その昔は竹にまきつけていたそう。このCANNA(カンナ 竹の意味)が名前の語源だそうです。

筒状の焼き菓子の中にリコッタチーズにお砂糖を加えたリコッタクリームをたっぷり詰めて出来上がり。

もともと復活祭の際に作られるお菓子だったそうですが、けっこう手軽に作れるのであっという間にシチリア中に広まり、今では一年中出回っています。

カンノーリは外側のカリッ とした歯ざわりとまったり広がるリコッタクリームの2重奏が決めて。まじめな(?)バールなんかでは注文してからクリームを詰めてくれます。こうすることで、この2重奏がしっかり保たれるのね。

カンノーリといえばシチリアというくらいシチリアを代表するお菓子の王様!映画ゴッドファーザー3でもシチリアを象徴するかの様に用いられていました。

最近ではチョコチップ入りのものや、カスタードクリーム、アイスクリーム風なものも出てきてます。
シチリア島でカノーリが有名なのはピアナ・ディ・アルバネーゼ。パレルモから車で約30分程度でいける村です。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-18 07:54 | グルメ、フード、ワイン

中世に取り残された町「エリチェ」

トラパニ県にある「エリチェ(Erice)」。標高731mのサン・ジュリアーノ山の頂上に位置する町です。

もともとエリミ族が町を築いたといわれていますが、フェニキア時代からここには豊穣の女神「アスタルテ」を祭る神殿が聳え立っていたそうです。アスタルテはギリシャ語ではアフロディテ、ラテン語ではヴェネレ、そう、あの美の女神ビーナスです。ローマ時代には軍事上の拠点というよりもこのヴェネレ神殿の聖なる町としてあがめられていたといわれています。ノルマン時代には再びこの町の軍事的拠点としての重要性が再認識され、ビーナス神殿のあった場所には城砦が建設され、城壁の整備などが行われました。

これがそのノルマン時代の城砦。ヴェネレ城砦(ビーナスの城砦)と呼ばれています。
d0110650_657569.jpg
15世紀から200年間にかけては多くの修道会がこの町に移住し、数多くの教会や修道院の建築ラッシュとなりました。その後もこの町は修道院の勢力が強かったために貴族やブルジョワジーなどの介入が少なく、そのために「歴史に取り残されたような」中世と変わらない町並みが現在にも残ったのです。

エリチェの醍醐味はこのような中世そのものの町の雰囲気を味わいながら多くの教会や修道院が立ち並ぶ石畳を散策すること。中央広場であるウンベルト一世広場周辺には地元の民芸品を売るお店が並んでいます。
d0110650_6585142.jpg
エリチェはまたシチリアの代表的なお菓子でもある、「パスタ・ディ・マンドラ」(写真)でも有名。中近東や北アフリカにも見られるマジパンで、ここでもアラブの影響が感じられます。

エリチェへはトラパニのバスステーションから路線バスを利用。本数は比較的少ないので注意が必要です。またパレルモからの定期ツアーの利用も便利です。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-01-04 23:58 | シチリアの村

シチリアの伝統菓子!ブチェラータ

シチリアの伝統的なお菓子のひとつです。
d0110650_07696.jpg

シチリア島で代表的なお菓子といえば、カノーリやカッサータが最初に挙げられますが、この2つはお菓子屋さんで購入することが主流。一方、ブシェラータは家庭で作られる「マンマの味」のイメージがあります。

干しブドウやドライいちじくなどドライフルーツとクルミやアーモンドなどをミックスしたものをパスタフロッラ(シチリアのパイ生地)と呼ばれる生地で包みオーブンで焼き上げます。
d0110650_0114137.jpg

家庭の味というだけあり、シチリア各地、各家庭で中に入れる材料や形は様々です。
名前の由来はラテン語の「ブチェラトゥム」(bucellatum)、少しずつ食べるという意味だそうです。クリスマスの時期に食べられるお菓子で、保存がきくので作りおきしてちょっとしたお客様などにお茶請けのように出されます。

お店で売られているものはドーナツ型が多く、「切り売り」されます。お菓子屋さんの店頭では他のシチリア菓子の豪華さの陰に隠れているブシェラータですが、これこそまさにシチリア島を代表する「庶民の味」なのです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-05 00:13 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...