シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2016年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

世界文化遺産(?)のヤギちゃん

アグリジェントにある神殿の谷。ご存知の方も多いと思いますが、ユネスコの世界文化遺産です。
d0110650_07393700.jpg
BC5世紀建造のヘラ神殿(写真)など古代ギリシャ建築物がシチリアンブルーの大空の下に聳え立つ姿は壮観!
こんな超文化財が並ぶ敷地で飼われていのが…
d0110650_07392383.jpg
ヤギ!
ジルジェンターナ(GIRGENTNA)という種のヤギですが、この名前はアグリジェントの昔の名前。昔からアグリジェント付近で家畜として飼われていたヤギなんだそうです。

このヤギの正式な生まれ故郷は判っておりませんが多分南アジア産だろうといわれ、紀元前8世紀頃子の付近に入植したギリシャ人達によってアグリジェントの地にもたらされた というのだそう。
d0110650_07391156.jpg
くるくるとカールした角がチャームポイントです053.gif

以前は3万頭以上いたそうですが、現在は絶滅の危機にさらされているそうで、世界遺産の建造物とともに大切に飼われております。

アグリジェントを訪れる際は神殿だけでなく、こちらも是非鑑賞してやってください。

[PR]
by noranekosicilia | 2016-10-13 08:08 | 現地レポート

18世紀の「モンスターハウス」パラゴニア邸

パレルモから車で東方向に約30分、隣町のバゲリアに到着。ここは1700年代にパレルモの貴族達が建てたヴィッラ(庭園つきの田舎邸宅)が多く残っています。

その中でも奇抜さで一番有名なのがパラゴニア邸(Villa Palagonia)。18世紀にパラゴニア王子とその子孫により完成されました。
d0110650_03185274.jpg
このお邸は奇妙な装飾があることから別名「モンスター・ハウス」と呼ばれ、当時多くのVIPがここを見学にやってきています。ちなみにドイツの詩人ゲーテもその1人。
d0110650_03213012.jpg
その奇妙な装飾というのが、これ。邸をとりまく壁の上にあるブキミな彫刻群です。
d0110650_03330505.jpg
ライオンと羊かしらん…なんとなく顔が人間ぽっくて奇妙ですね…
d0110650_03325146.jpg
ここまでいくと、もう何の動物だかわかりません。やっぱ「モンスター」一言で片付けてしまいましょう。
d0110650_03331977.jpg
モンスター群は大きく分けて音楽家達と紳士淑女そして動物モンスター系があります。これは音楽家グループ。奏でられる楽器が聞こえてきそう…
d0110650_03332986.jpg
紳士淑女はアーチの上にびっしりと結集し、こちらを伺っているようです。ここ、深夜の肝試しによいかもしれません。(笑)
パラゴニア邸は現在も私邸ですが、一般公開されています。午前9時~13時、午後は16時~19時ですが11月より午後の観光時間は変更予定。(入場料要)

パレルモから列車も出ていますが、専用車を利用すればパレルモからソルント遺跡と抱き合わせで半日日帰りまたはチファルーとあわせて終日観光などが可能です。


[PR]
by noranekosicilia | 2016-10-04 03:46 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

秋は結婚式のシーズン

シチリア島もすっかり秋となってきました。
暑すぎず、寒くなく という一番気候のよいシーズン。この時期には多くの文化イベントなんかもあったり、「実りの秋」というせいか村での収穫祭も多いのです。

そして何といっても多くなるのが結婚式053.gif・・・
d0110650_07193130.jpg
カトリック教徒が多いイタリアの中でも特に敬虔な信者が多い南イタリア。シチリア島も例外ではありません。
近年教会離れが囁かれる若者でもやっぱり「結婚は教会で!」というのが夢なんです。

イタリアの法律では日本と同様宗教を介さない「市民結婚」が正式なものなのですが、昔からの伝統的である「教会でミサを挙げる結婚」がやはり根強く支持されているのです。後者は現在ではあくまでも「ミサ」であり、法律の対象制約はないのですが、小さな村などでは「教会で挙げる結婚」を結婚と認める人も少なくありません。

ということで、結局イタリアのカトリック教徒は法律上正式な結婚である「市民婚」と宗教上での結婚「教会婚」の2つを挙げる人が多いのです。

細かな違いはいろいろありますが、大きく違うのは

市民婚 
  • 市役所など公共機関で進行役(市長や市役所関係者が多いですが、一般人でもOK)立会いのもと行われる。
  • 花嫁はウエディングドレスを着る必要ない。(というか、昔は着てはいけなかった)
  • 再婚やカトリック教徒以外など社会的、宗教的規制はない。

教会婚
  • 教会で神父さんがミサを挙げて行われる。
  • 花嫁はウエディングドレス。
  • 再婚や異教徒は不可という規制あり。

というところでしょうか?
つまり、市民婚では「ウエディングドレスを着てバージンロードを歩き…」なんていう映画の1シーンのようなものはないのです。026.gif
まあそういう意味でも女性達は特に「教会」での結婚を望むのかもしれませんね。確かにムードが違いますから。

教会婚の場合は結婚式を2度することになります。最初が市民婚、それから教会。この2つの間には様々な手続きのため半年くらいのズレがありますが、もちろん「教会派」は後者が正式な結婚とされるため、盛大なパーティーは教会での結婚式を挙げた後。…でもすでに夫婦となっているから教会婚で花嫁さんに「初々しさ」を感じることは稀なんですが…037.gif

季節のよい秋は多くの教会で毎日のように結婚式がありますが、これに伴い教会内の一般観光時間も多少変更されることがあります。
特に結婚式が多いのは金曜と土曜の午後16時くらいから。この時間に教会の観光はできなくなることもあります。まあ、その分結婚式に参加できるという特典もありますので、しっかり教会内を観光するのでなければこの時間を狙っていくのも良いかもしれませんね。

[PR]
by noranekosicilia | 2016-10-01 07:24 | 町角通信・日常

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...