シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2013年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

タオルミナでお手頃価格!エコ感覚の手作りショップ

d0110650_23251680.jpg

先日タオルミナを散歩中、足を止めたお店。
手作りレザーや合皮のバックや靴(一部既製品あり)、アクセサリーや小物のショップです。
d0110650_23272737.jpg

店内はカラフルな品がいたるところに展示され、ちょっとマーケット風な感じ。
d0110650_23294037.jpg

店主兼製作者であるエリザベッタさんが古新聞を前に奮闘中です。
d0110650_2331463.jpg

彼女が作っているのは紙袋!材料は古新聞とのり、そして紐だけ。このお店の購入品をこの手作りエコ紙袋に入れてくれます。
d0110650_23323730.jpg

エリザベッタさん手作りの帽子。これからの季節にばっちり。
d0110650_23334878.jpg

私が足を止めたのは、このミニバック、10ユーロ。レザーの端切れで作られているんだそうです。
d0110650_23525222.jpg

とっての長いほうを短いほうに通して、こんな感じで。携帯とかお財布とか、ちょっとした小物を持ち歩くのに便利そう。 このままベルトにとおして「変りポケット」にもOKだそう。
d0110650_23555230.jpg

ご主人とともにこのお店を経営されてりうエリザベッタさん。
「タオルミナはシーズン中の6ヶ月だけオープンしているお店も多いのよね。だから、半年で一年分稼ぐために物価が高くなる傾向がある。私は1年中お店をあけて、自分の手作りも入れながらリーズナブルな値段なオリジナルグッズをお客さん達に提供したいのよ。」

彼女のアットホームな笑顔は、ブランドショップや高級レストランなど気取った外面の多いタオルミナの知られざる一面のようでした。

"La Randa"
Via Bagnoli Croci, 6 Taormina
TEL: 0942 625200
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-25 00:02 | ショッピング&お店情報

パレルモで、パネッレ&シャンペンのイベント

10月13日、パレルモの現代美術館(GAM- adress: Via S.Anna,21 Palermo)にてパネッレとシャンペンのイベントが行われます。

パレルモのB級ストリートフードであるパネッレ(Panelle)と、フランスワインの女王「シャンペン」という非常にオリジナル豊かなマリアージュ!

一般公開は18時より、入場料は25ユーロ。
チケットはパレルモ市内の以下の場所、エノテカで購入できます。

Circolo TeLiMar
Lungomare Cristoforo Colombo, 4977 - Addaura - Palermo

Premiata Enoteca Butticè
piazza San Francesco di Paola, 12 - Palermo

Enoteca Picone
Via Marconi, 36 - Palermo

Enoteca Il Contalitro
Viale Campania, 29 - Palermo

パネッレ&シャンパン公式サイト(伊)

チケット予約代行の依頼はこちらまで。
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-22 23:25 | イベント、シチリアのお祭り

ピアツッア・アルメリーナ「カザレ荘」

久しぶりにピアツッア・アルメリーナにある「カザレ荘」を訪れました。すっかり改装も終了し、新しく生まれ変わった感があります。
d0110650_16123293.jpg


カザレ荘(VILLA ROMANA DEL CASALE)は、紀元4世紀頃建設のローマ時代の大豪邸。それ以前にあった田舎屋敷の敷地上に建設されたそう。

お屋敷の持ち主は断定されていないのですが、ローマ執政官または皇帝の「夏の別荘」だったとか…当時、この地を掌握していたのはマキシミリアヌス帝。やっぱ、皇帝のほうがネームバリューもファンタジーもありそうだから、私もマキシミニアヌス皇帝の所有物説 を支持してます(ミーハーですみません 笑)。

d0110650_16361380.jpg

カザレ荘の見所はなんといっても床のモザイク装飾!1161年の地すべりですっかり土砂に埋まってしまったこの建物は、そのおかげでモザイクの保存状態がとてもよいのです。42色の石で装飾されたモザイク床は63室。3500平方メートルの描写面積となり、当時の生活形態を知る貴重な資料のひとつでもあります。

では、その一部を…

d0110650_16373250.jpg

「小狩の部屋」。 当時のローマ市民達のレジャーのひとつであった「狩りの1日」が描写されています。

d0110650_16442193.jpg

「子供と鳥の馬車競技」 ローマ市民達の大好きなスポーツ競技のひとつでした。今ではすっかりサッカーと変ってしまいましたが…このお部屋は子供部屋だったそうで、そのため馬でなく鳥が競技してます。

d0110650_16472626.jpg

見学メインの場所「大きな狩の大廊下」にあるモザイク一部。廊下の全長は59メートル以上もあります。
当時のビジネスとしての「狩り」の模様。アフリカなどで生け捕りにされた動物達は船に乗せられ、シチリアを経由し本国ローマへ輸送され、コロセオでの戦闘ショーに使用されました。

d0110650_16514718.jpg

そしてカザレ荘で最も有名なモザイクのひとつ 「ビキニ女性達の部屋」。当時から、ビキニはあんまり変化してないですね~。ビキニ姿の彼女達は当時のオリンピック競技となっていた5種競技 (球技、陸上競技など)を練習しているところだそうです。

この他にも「愛の部屋」、「ヘラクレスの横臥食堂」など様々な美しいモザイク見学で大満足ですが、より感動的なのは…

d0110650_16584087.jpg

遺跡に触れられること です!紀元4世紀のモザイクの上を実際に歩いたり、建物に腰をかけたり…
う~ん、これでさらに当時に思いをよせられる というもの…

1997年よりユネスコの世界遺産として登録されたカザレ荘。遺跡までのアクセスはあまりよくないので、効率のよい観光にはパレルモまたはアグリジェント~タオルミナやシラクーサに移動する際、専用車利用での立ち寄り観光が最もオススメです。

観光つき長距離送迎
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-17 17:07 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

ベンデミア(ブドウの収穫)を体験しませんか?

シチリアのワイナリー、プラネタ社(PLANETA)では、9月21日「VIVERE VENDEMIA (ヴィーヴェレ・ヴェンデミア - ブドウ収穫と体験)と称したイベントを開催予定。

シラクーサのNOTO地区にある「CANTINA BUONVINI」にてブドウの収穫体験やワイナリー見学の他、芸術家、マルコ・クリスピーを水先案内人として、「全ての感覚器官に働きかけて」ワインを知る という企画も。

プラネタ社のワイン試飲はもちろんのこと、最後はシラクーサ地域特産物とワインにてピクニックも!
子供連れでも参加OKの遠足系イベントです。

料金は1人25ユーロ (子供10ユーロ)

プログラム概要
9時30分 集合。主催者による挨拶
ブドウ収穫体験、全ての感性を使ったワイナリー見学(マルコ・クリスピー氏主宰)、試飲、CANTINA BUONVINO内領地でのピクニック

悪天候の場合は中止

お問い合わせ、予約は下記へ

メール winetour@planeta.it
Tel. (+39) 0925.1955460
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-13 17:59 | グルメ、フード、ワイン

モンデッロ海岸で1日プチ・バカンス

某商社マンの少グループをエスコート中、「折角だから地中海で泳ぎたい!」というご希望。
まあ、パレルモの教会ばかりめぐっても「社会見学」みたいでつまらないようだったから、観光をサクッと切り上げて、やってきたのがモンデッロ海岸!
d0110650_2134114.jpg

到着した時点では小雨がちょっとぱらついたのだけど、それからは晴天!

もちろん、無料で開放されている場所もあるのだけど、20ユーロでパラソル1つとリクライニングチェア2席が一日中借りれます。2人なら1人10ユーロ。これで一日中ビーチバカンスできるなんて、なんてお手頃価格!

d0110650_2303948.jpg

ビーチで1日過ごすなら、水着のまま軽くランチ!私達が利用したビーチ施設「シレネッタ」近くに設置されたバールはモンデッロの有名レストラン「BYE BYE BLUES」
の経営。サラダやサンドイッチも工夫がこなされ、盛り付けも味もなかなかのもの。スプマンテや白ワインもちゃんとしたのが置いてあり、モンデッロのバールの中では一番オススメかも!

モンデッロはパレルモから一番近いビーチ。
アラブ時代からすでに小さな漁村の集落があり、17世紀にはヨーロッパ貴族や上流社会のリゾートハウスなどが建設されました。現在は、夏の行楽地として地元の人はもとより、アメリカやヨーロッパから多くのバカンス客が海水浴を楽しみます。

地中海性気候で温暖なシチリア!お天気がよければ9月から10月上旬まで十分に海が楽しめます。

パレルモからはポリテアーマ広場後ろにあるストゥルツォ広場より836番の市バスがでているのでアクセスも最高!

モンデッロ海岸で初秋の海、体験してみませんか?
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-11 02:46 | シチリアの村

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...