シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2011年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

キラキラ!!の山車達。アチレアーレのカーニバルスタート

19日夕刻、教会の鐘が鳴り響き、アチレアーレのカーニバルがスタート!
ギンギンの電飾で飾られたCARRI(山車)が動きだしました。


アチレアーレのカーニバルは3月8日フィナーレ(マルテディー・グラッソ)まで続きます。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-23 18:11 | イベント、シチリアのお祭り

「コッポラ」はシチリア男性の象徴!

コッポラ(Coppola)って知ってますか? そう、あの有名な「ゴッドファーザー」の監督FFコッポラ…って違う違う!
実はシチリア男性象徴するくらいシチリアを代表する男性用つば付きベレー帽なのです。
d0110650_19435966.jpg

ベレー帽は1700年頃にイギリスから普及しました。それまでの帽子は貴族専用。つばつきの多きなものだったのですが、簡単に折りたたみできて、形も変形しないという利便性から、あっという間にヨーロッパ中の庶民に広がったのです。
現在のシチリアのコッポラは1800年ごろから。最初は貴族のおかかえ運転手の制帽のひとつだったため、帽子が風で飛ばないように としっかりと頭にのせるための工夫がされたのです。このときにコッポラの典型的な特徴である小さな鍔もつけられたのだとか。

さらに実用的な帽子になったコッポラはあっという間にシチリア島民の「作業用帽子」として普及し、さらにはお葬式の際には男性が黒色のコッポラをかぶるということが多くの村での習慣となっていったのです。

このことがアメリカ映画なんかにも取り上げられてからは、コッポラはマフイアを代表する帽子となったのですが、そういう意味でもシチリア島の男性を代表する帽子なのです。

最近ではファッションとしての部分が強くなり、女性用もでてきました。(私も持ってます!)様々な色や形があります。これは、ドルチェ&ガバーノのモデル達。ちなみにドルチェはシチリア島出身です。
d0110650_1944547.jpg


パレルモ市内にはコッポラ専門店なんかもあります。
シチリア島を代表するコッポラ、あなたのファッションセンス次第でコーディネートでき、お土産にもよさそうですね。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-21 19:46 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

モンレアーレ回廊の開館時間

モンレアーレ観光のメインスポットでもある回廊ですが、これまで月曜日休館でした。
今後月曜日は午前中(9時~13時)までオープンとなります。

入場料6ユーロ。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-16 15:51 | スト、開館時間、天気NEWS

ノートの聖コラード祭

シラクーサ近郊にある町ノート。「バロックの庭」とも呼ばれるほどバロック建築が美しい町です。
d0110650_0471072.jpg

この町で行われる一番重要な宗教行事が「サン・コラード祭」。
ノートの守護聖人「コラード」を祭る行事で、毎年2月19日と8月の最終日曜日の2回、ノートの町でプロセッションが行われます。
d0110650_0424636.jpg


聖コラードはピアチェンツァの戦士だったそうですが、神に救助された後、シチリアで隠匿生活を送り、1931年2月19日に他界、この時教会の鐘がひとりでに鳴ったという奇跡がおきた といわれています。

ノートは世界遺産リストに登録された町。シラクーサに滞在するなら是非足を伸ばしたい町のひとつです。
シラクーサからバスの便もありますが、時間を節約したい人は専用車の手配をお勧めします。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-14 00:27 | イベント、シチリアのお祭り

ギネス達成!神殿の谷で完成した世界最長トローネ

2月6日、アグリジェントの花祭りのイベントとして行われた「世界ギネス挑戦」!
d0110650_2121987.jpg

神殿の谷内で作られた660mの世界最長トローネ(TORRONE)が完成!それまでの440mをはるかに超えて世界ギネスを達成しました。

トローネは卵白、ハチミツ、砂糖を加えて作った生地にアーモンド、クルミなどのナッツ類を入れて固めたアーモンドヌガー。もともとはクレモナあたりが原産らしいのですが、今ではイタリア中のクリスマス期間を彩るお菓子となりました。

「伝統菓子」としてイタリアの10州で認定されていますが、シチリアもその州のひとつです。アーモンドの産地シチリアではアーモンド100%またはピスタチオとアーモンド入りが主です。

毎年マンネリ化していたアグリジェントの花祭りの新しい試みとしてはよい記念になったわけですが、400名のお菓子職人達が作った世界最大のトローネを全部食べきれる人はいないでしょうねぇ…

超ロングトローネ写真はこちらでどうぞ
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-09 21:03 | イベント、シチリアのお祭り

トラパニの塩田博物館

トラパニにある塩田博物館。このあたりはパチェーコというわれる地域ですが、有名なトラパニの塩田が広がる場所です。
d0110650_2018930.jpg


塩の生産はそれはもう大昔から行われていたそうですが、塩田の存在はノルマン時代くらいからだそう。(アラブ人の地理学者Al IDRISIの書類より)
アラゴン時代にこの地区で産業としての塩の生産が始まったそう。
d0110650_2016563.jpg

塩田博物館の内部。昔ながらの塩の生産に使用された器具などが展示。
d0110650_20164583.jpg

夏は実際に塩の採取も見られます。

塩田博物館は一年中見学可能ですが、冬場は閉鎖されていることもあります。
塩田博物館を見学をした後、マルサラワイナリーを見学、試飲する1日コースなども手配可能です。

詳細
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-07 21:03 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

シチリア州立美術館(アバテリス宮)の緊急休館

シチリア州立美術館が館内消毒のため2月7,8日休館となります。
このほか、同管理のモニュメント(ORATORIO DEI BIANCHI, PALAZZOMIRTO)も同様に休館です。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-03 20:33 | スト、開館時間、天気NEWS

シチリアのローカルフード王はやっぱりチーズ

d0110650_2115293.jpg


食に恵まれた島シチリアの代表的なローカルフードというと、やっぱりパン、チーズ、ワインといったところでしょうか?ガイドブックであちらこちらに歌われる「魚」も豊富ですが、こちらで実際に生活をしていると食卓に上る機会は非常に少ないことがわかります。

さて、チーズはワイン、オリーブオイルと同様、ギリシャ、ペルシャ付近からイタリアに渡ってきたもので地中海地方が一番古い産地なんです。

ちなみにローマ時代はシチリアからチーズが輸出されていたそう。
シチリア島には多くの種類がありますが、代表的なものをあげてみました。

ペコリーノシチリアーノ
シチリア島で一番歴史の古いチーズとされています。羊のミルクが原料。シチリア中で生産されています。95年からはDOPとして認定されています。

ラグサーノ
これも95年にDOP認定されたもの。ラグーサ県とシラクーサ県の一部で生産されています。デリケートな味、ちょっとピリッとする味など熟成期間により様々です。オリーブオイル漬けされているものもあります。

バステッダ
シチリア島では珍しいフレッシュチーズの一種。メンフィーや黒パンで有名なカステルヴェトラーノなどトラパニ県のものが有名。スローフードに認定されています。このチーズの特徴は夏に生産すること!乳の出が少なくなり、猛暑が襲う時期に少ない乳の保存として作られたそうです。卵型のフォームもかわゆいです。

プロヴォラ
マドニエ山脈とネブロイ山脈で主に生産されてます。どちらもスローフード認定。洋ナシのような形をしていて大きさ、重さも様々。携帯しやすいのでむかしは農民、羊飼いなどのお弁当兼おやつだったそうです。

リコッタ
ご存知、シチリアを代表するフレッシュチーズ。シチリアのお菓子の材料にもなります。乳清(SIERA)から作られるので正式には「チーズ」の種類には入らないそうですが、すっかりチーズとして定着しています。羊、ヤギ、牛のミルクの乳精ミックスで生産されます。ヤギが一番高級とされ、牛のは一番デリケート。羊のが一般的に普及してます。シチリア中で生産、加工されていて、そのバラエティーも一杯です。

シチリア島には「パネ、フォルマッジョ」という言葉があります。「パンとチーズ」という意味で粗食を表すのですが、飽食の現代ではシンプルで体にやさしい贅沢品のひとつですね。

シカニ山脈の村では「チーズ街道」と称してチーズを生産している酪農場などを見学、試食販売できます。(事前予約必須)
[PR]
by noranekosicilia | 2011-02-02 21:16 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...