シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

郷土市場の日曜日

私の住んでいるボルゴ地区は、パレルモの郷土市場のひとつ、「ボルゴ・ベッキオ」があります。
海に近く、漁からあがった新鮮な魚を売る魚市場的な役目があったそうです。
d0110650_005424.jpg

ここが一番にぎわうのは日曜日の午前中。

11時30分くらいから13時ごろまで、家族や友人などを招いて日曜日の昼食 の食材を買いに来る人でいっぱいです。

新鮮な魚、お野菜、お肉など他のお店が全て閉まっている日曜日でも午前中ならなんでもそろいます。
日曜日だけ特別にイカのフライやシーフードサラダなど新鮮な魚をすでに調理した「お惣菜」も各魚屋で並びます。値段はけっこう高いのだけど。。。

広場では魚屋や肉屋で買ったものを炭火で焼いてくれる「炭火焼屋」のおじさんたちもいます。モクモクとあがる煙とローストされた肉や魚の香りがたちこめる市場、「パレルモ庶民の食生活」がうかがえる場所のひとつです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-17 00:00 | 町角通信・日常

28日29日、イタリア中の550モニュメントが特別公開

3月28日と29日、FAI(イタリア環境財団)主催の「FAI春の1日」イベントが開催。

毎年恒例となったこのイベント、イタリア中の210の町で550のモニュメントが特別公開されます。公開予定のモニュメントは普段一般公開されていないものも多く、この日はまたとないチャンス。シチリア島内ではバゲリアのカルディロ邸、ブテラ宮カルトゥジオ修道院などが初公開されます。

パレルモでは29日国際マリオネット博物館とパレルモ市のレセプション会場のひとつニシェミ邸(Villa Niscemi) が10~17時で公開予定です。

詳細は +39 0321/443553またはFAI HP(英)
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-12 09:30 | イベント、シチリアのお祭り

3月8日「女性の日」

昨日3月8日、は「女性の日」。正式にはインターナショナル・ウーマン・デイ」。世界各国で女性の人権や社会的地位を確立するために戦う女性たちの日ということだそうですが、イタリアではそんなこと関係なし。
d0110650_9473825.jpg

この日は男性が女性にミモザの花(写真)を送り、「おめでとう(アウグーリ)」といい、夜になると女性同士だけで出かけて食事をしたり、男性ストリップを見に行ったりと、唯一「主婦」たちが家庭を忘れてナイトライフを楽しめる日としてすっかり商業化しています。

もともとは、1857年、アメリカNYの女性労働達が労働条件の改善や低賃金の改正を求めてデモを行った日なんだそうです。その他にも、アメリカで発生した1911年の工場火事で亡くなった多くの女性労働者たちを回顧すろとか、とにかく結構マジメな日なはずなのですが。。。

普段家に閉じこもっているマンマ達が夜な夜なエネルギーを発散しまくりながら一年中の夜遊びをこの日に集中させ、日中は通りのあちこちでミモザのインスタント花束が売られる不思議で脳天気なイタリア独特のイベントとしかいえそうもないですね。。。

ちなみにミモザアレルギーの私はイタリアの習慣に逆らい、この日は外出しない(できない)日なのです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-09 09:43 | 町角通信・日常

シチリアの伝統菓子!ブチェラータ

シチリアの伝統的なお菓子のひとつです。
d0110650_07696.jpg

シチリア島で代表的なお菓子といえば、カノーリやカッサータが最初に挙げられますが、この2つはお菓子屋さんで購入することが主流。一方、ブシェラータは家庭で作られる「マンマの味」のイメージがあります。

干しブドウやドライいちじくなどドライフルーツとクルミやアーモンドなどをミックスしたものをパスタフロッラ(シチリアのパイ生地)と呼ばれる生地で包みオーブンで焼き上げます。
d0110650_0114137.jpg

家庭の味というだけあり、シチリア各地、各家庭で中に入れる材料や形は様々です。
名前の由来はラテン語の「ブチェラトゥム」(bucellatum)、少しずつ食べるという意味だそうです。クリスマスの時期に食べられるお菓子で、保存がきくので作りおきしてちょっとしたお客様などにお茶請けのように出されます。

お店で売られているものはドーナツ型が多く、「切り売り」されます。お菓子屋さんの店頭では他のシチリア菓子の豪華さの陰に隠れているブシェラータですが、これこそまさにシチリア島を代表する「庶民の味」なのです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-05 00:13 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
more...