シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

カテゴリ:町角通信・日常( 22 )

「イマコラータ」って…?

d0110650_21122479.jpg
本日12月8日はイタリアの祝日「イマコラータ」です。1854年にカトリック行事のひとつに加えられたそうですが、カトリックでない私たちにはイマイチ理解しがたい…

なにはともあれ、本日からクリスマス期間に入る日でもあります。イタリアでは一番重要な行事ってことですが、その準備期間兼お祭り期間ってこと。

町は本日よりクリスマスイルミネーションがギラギラ!ツリーやらポインセチアやらせっせとクリスマス準備です。
ちなみに写真は2009年、マッシモ劇場のクリスマス姿です。

クリスマスプレゼントを揃えるためにに人は町を奔走!様々な村ではクリスマス市がたって、イタリアで最も経済活動も盛んな期間ですね~さらにこの時期は「寄付」の時期でもあり偽善正しいイタリア人たちはせっせと物乞いにも小銭をプレゼントいたします。

イルミネーションが美しくなる夕刻から人は賑やかな町へくりだし、お散歩件プレゼント物色。
パレルモでは本日より毎夜どこかの友人宅に集まりカードゲームが始まります。

たいていバカラが行われるのですが、みんなお金をかけて「クリスマスの資金稼ぎ」を行います。

この時期にシチリア島を滞在する人にお勧めなのは夕刻のお散歩!イルミネーションで飾られた町の活気は歩いているだけでも楽しいです。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-12-08 21:24 | 町角通信・日常

お土産品!開けるとシチリア民謡が聞けるちゃちな紙袋

d0110650_152062.jpg

お土産屋さんにあるなんの変哲もない袋。あけるとビョーン ビョーンというマランザーノの音が響き、いきなりシチリア島の民謡「フィスケット」が演奏されます。

ちょっとちゃちい紙バックの絵もなんかおちゃらけてて可愛いと思いません??
[PR]
by noranekosicilia | 2010-07-15 01:57 | 町角通信・日常

カステッロ(お城)で過ごした日曜日

さて、前回の続き・・・バラータ・ディバイダの13世紀建造のお城の中庭です。
d0110650_6184455.jpg

中はきちんと便利に改装されてました。このダイニングキッチンはもとオステリーア(食堂)だったそうです。と、いうことは当時の用途そのままってことですね。
d0110650_6235148.jpg

この海老とプチトマトのパスタ最高でした!
d0110650_6225351.jpg

お城のオーナー、ラウラさんとジョゼッペさん。ラウラさんはパレルモでは有名なシチリア民謡の歌手です。ジョゼッペさんはギタリスト。彼らのサイトはこちら
二人の前にはセコンドのカジキマグロ!これまた最高においしかった。
d0110650_6371499.jpg

食事が終わるとどこまでも見渡せる絶景のテラスで昼下がりを満喫!
左はルイサさん。この近くにあるワイナリーCEUSOのお嬢さんです。
ちなみに私達をつなげているものはワイン!みんなソムリエ仲間なんです。彼女が持ってきてくれたワインでちょっとほろ酔い気分…日本にもこのワイン入っていますよ。とてもマジメなよいワインです。
d0110650_63441.jpg

お天気にも恵まれ気のあう仲間達との楽しい日曜日でした。
このお城では夏、観光客のためにラウラさんのシチリア民謡コンサートなども行われます。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-05-13 06:48 | 町角通信・日常

5月1日晴天のパレルモ

5月1日は「メーデー」 当たり前ですが、イタリアは祝日です。
晴天に恵まれたパレルモはもうすっかり初夏の気分。み~んなアウトドアを楽しんでいました。

モンデッロ海岸…もっぱら日光浴!(海に入っている人もいたけど)日焼けはセレブのステータスです(?)。
d0110650_735430.jpg


つづいてモンレアーレ…本日から3日間お祭りです。ちょうどシチリアンカレットのパレードやってました。
d0110650_75674.jpg


パレルモでは5月1日、アウトドアでバーベキューで楽しむのが一般的。ジュージューと肉が焼かれる音と香りが町の郊外の野原で響きわたっておりました。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-05-02 07:10 | 町角通信・日常

パレルモのHMバンド「トリナクリュス」の東京ライブ

パレルモのHMバンド「トリナクリュス」が3月、日本初来日します。
先日のイタリア全国紙「REPUBBLICA」の地方欄にも大きく掲載され、話題となりました。
d0110650_2202339.jpg

東京でのライブは3箇所!
シチリアへきたことがある人、シチリア好きな人は是非、ライブに応援にきてください!

日程
3月6日 吉祥寺ライブハウス「CRESCENDO」
3月8日 渋谷「DESEO」
3月9日 新宿「WILD SIDE」

トリナクリュスの曲はMYSPECEで視聴可能です。
http://www.myspace.com/trinakrius
[PR]
by noranekosicilia | 2010-01-24 22:09 | 町角通信・日常

2010!パレルモのニューイヤー

新年あけましておめでとうございます。

ここ数日パレルモは日中28℃という小春日和。とても暖かい新年を迎えました。
イタリアの新年の迎え方はまさに「お祭り騒ぎ」!
みんな友人宅やレストランに集い、家族というよりは気のあう仲間たちで深夜まで夕食やおしゃべりをしてカウントダウンを待ちます。

私もパレルモの友人宅に招待されました。本日はビュフェ形式!みんな和気藹々と気軽にお料理を囲みます。
d0110650_2010998.jpg


これがメニュー!
d0110650_20104670.jpg

「アネレティー・アル・フォルノ」パレルモを代表するベイクドパスタです。ミートソースに絡ませたリング状のパスタをオーブンで焼きます。
d0110650_2011877.jpg

アーキチョークとリコッタチーズが入ったタルト。「新年おめでとう」と書かれてます。奥さまの手作り!
d0110650_20114795.jpg

「ポルケッタ」!この時期ならでは のセコンド。香草やスパイスなどを入れて炭火で焼かれた豚の丸焼きです。
d0110650_20131616.jpg

そして深夜のカウントダウンの後はこれ!イタリア中で本日一番食べられるもの!コテキーノ(ポークソーセージ)とレンズ豆の煮込みです。レンズ豆は「お金」などを意味して、「幸運」「金運」「豊穣」などのシンボル、つまり「新年の縁起もの」なのです。

なにはともあれ気さくな友人たちと楽しく騒ぐ一夜!お開きは午前3時過ぎでした。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-01-01 20:29 | 町角通信・日常

UNICEF基金の人形

d0110650_856874.jpgクリスマス時期になるとイタリアでは「献金」が盛んになります。カトリックの国、イタリアは「奉仕の国」でもあり、クリスマスはまさに貧しい人、困っている人、病気の人に手を差しのべようというキリスト教精神をそそる演出がされます。

毎週土日には主な広場で様々な「献金活動」が行われます。パレルモの中心広場ポリテアーマもそのひとつ。
ちょっと捻くれて考えるとクリスマスの「献金営業シーズン」みたいなもので「狙ってるな」ってのは明らかにわかるのですが、偽善でも何でも1年に一回いいことをした気分になるのは悪いことではないのでは と思う今日この頃です。

本日は親しい友人からプレゼントをいただきました。それがこれ。毎年、ユニセフが貧しい国などの援助活動のために行う人形が販売されるのですが、そのひとつです。

この人形、イタリア各国の学校で子供たちが作ったものだそう。ひとつひとつに名前がついています。私が頂いたのは「コンスエラ」ちゃん。ちょぴりスペイン風!

其々の人形にはカードがついていて、人形の名前のほかにどこの学校の誰(どの子供)が作ったかが記載され、さらに返信用ハガキで所有者となった人が製作者の子供宛てに人形が誰のもとにあるかを連絡できるようになっています。
私のコンスエラちゃんはパレルモの小学校に通うナディアちゃん という子が作ったもの。ナディアちゃんに早速返信しました。

知らない子供が作った人形を知らない人が所有し、その販売費がさらに知らない国の知らない人のために使われる...1人よがりの偽善と言ってしまえばそれまでですが、物に溢れてしまった現代に忘れかけたような人情を感じさせる人形のひとつです。イタリアのクリスマスを感じる瞬間でした。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-12-21 08:57 | 町角通信・日常

マッシモ劇場のイルミネーション

マッシモ劇場のイルミネーションが始まりました。
d0110650_1235796.jpg

12月8日から始まるクリスマス週間。シチリアの人々は「テンポ・ディ・フェスタ(お祭りの時期)」として、一年中で一番大切な日のために準備が始まるのです。
家にはクリスマスツリーが飾られます。南イタリアの習慣では「プレセピオ」と呼ばれるキリストの誕生シーンを表現した素焼きの人形も各家庭のサロンや教会などでお目見えします。
町のイルミネーションの中、クリスマスプレゼントを探す人々で賑わうメインストリートは「みんなが他の人のことをチョッピリ考える」心温かい人情が満たされる時期でもあります。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-12-16 01:26 | 町角通信・日常

今年初のビーチはマガジャーリ海岸!

今年は冬が長かったシチリア島ですが、ここ最近急激に暑くなりました。
本日は午後から今年初めてのビーチへくりだしました。さすがにまだ水は冷たく私個人は「初海水浴」とまではいきませんでしたが、泳いでいる人もけっこういました。
d0110650_23165511.jpg

ここはパレルモ近郊の村「CINISI」にある「マガジャーリ」というビーチ。砂浜でとても過ごしやすい海岸のひとつです。近くにはこのビーチを目当てにやってくるバカンス客用のホテルも数件あります。夏は多くの海水浴客で賑わうこの海岸ですが、それでもまだ地元の人が占める割合が多く、まさに地元密着型のビーチです。空港が近いので着陸する飛行機なんかも見えます。
d0110650_23174056.jpg

私達はこの日サンセット近くまで海岸でのんびりと過ごし、その後はおいしいシチリアワインで夜を締めくくりました。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-06-01 23:19 | 町角通信・日常

郷土市場の日曜日

私の住んでいるボルゴ地区は、パレルモの郷土市場のひとつ、「ボルゴ・ベッキオ」があります。
海に近く、漁からあがった新鮮な魚を売る魚市場的な役目があったそうです。
d0110650_005424.jpg

ここが一番にぎわうのは日曜日の午前中。

11時30分くらいから13時ごろまで、家族や友人などを招いて日曜日の昼食 の食材を買いに来る人でいっぱいです。

新鮮な魚、お野菜、お肉など他のお店が全て閉まっている日曜日でも午前中ならなんでもそろいます。
日曜日だけ特別にイカのフライやシーフードサラダなど新鮮な魚をすでに調理した「お惣菜」も各魚屋で並びます。値段はけっこう高いのだけど。。。

広場では魚屋や肉屋で買ったものを炭火で焼いてくれる「炭火焼屋」のおじさんたちもいます。モクモクとあがる煙とローストされた肉や魚の香りがたちこめる市場、「パレルモ庶民の食生活」がうかがえる場所のひとつです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-17 00:00 | 町角通信・日常

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2015年 10月
more...