シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光や日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ブログジャンル

旅行・お出かけ
海外生活

記事ランキング

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

2018年 04月 24日 ( 1 )

永遠の美を伝えるランドリーナのビーナス像 (シラクーサ)

シラクーサの考古学博物館の目玉のひとつ「ランドリーナのヴィーナス」。1804年に出土した際の考古学者サベリオ・ランドリーナの名前で呼ばれているヴィーナス像です。
d0110650_23310825.jpg
彫像は2世紀くらいの作品とされています。当時のシラクーサはローマ時代。この時代はギリシャ彫刻のコピーがほとんどですが、この「水浴びをする前のヴィーナス」というテーマは一時期ブームがあったようで、アテネやローマ、アポリ等多くの博物館保存されています。「ビーナスの誕生」という説もありますが、顔が発見されていないので、はっきりとしたテーマはわかっていません。(ビーナスの誕生は通常、濡れ髪なんです)

ランドリーナのビーナスは紀元前2世紀頃にシラクーサに存在したアフロディテ(ヴィーナス)神殿に奉納されていた女神像のコピーではないかといわれています。オリジナルのこのアフロディテ像は見つかっていませんが、その像に関するとても興味深いお話が…

当時町で行われた美人コンテストに出場した二人の美人姉妹。結局優勝したのは姉でしたが、審査員長はこの姉に恋をして後に結婚。落選(?)した妹もその審査員長の弟と結婚してメデタシ、メデタシ…となったことから、この姉妹がアフロディテ(ビーナス)に感謝するためこの像をギリシャより発注して神殿に奉納したという伝説があります。

まあ、当時の審査員長がどんな人だったかはわかりませんが、そういうイベントで審査員を務めるくらいだからかなりの「玉の輿」に乗ったのでしょう。昨今変わらず美しい女性は玉の輿に乗れる可能性が高かったんですね。

19世紀のフランスの詩人モーパッサンもシラクーサを訪れた際にランドリーナのビーナスを鑑賞し「モナリザ」のようなミステリアスな美がある と絶賛しています。

いつの時代にも女性の憧れである「永遠の美しさ」…古代の人たちもそれを称賛したんでしょうね。

シラクーサの考古学博物館は9時~18時までお昼休みなくオープン(日曜祝日は13時まで)。月曜日は休館です。
考古学公園とセットになった入場券がお得です!

[PR]
by noranekosicilia | 2018-04-24 00:32 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

↓シチリア島を知ろう

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
ホテル・B&B・アグリツーリズモ、滞在
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信・日常
現地レポート
旅得!お得情報で賢く旅行しよう
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識
サルディーニャ島&南イタリア

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
more...