シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光情報と日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

タグ:生活 ( 26 ) タグの人気記事

セスナ機でのシチリア島空のお散歩

あるウララカな天気の日、セスナ機で「ちょっと空のお散歩」を楽しみました。
d0110650_5592941.jpg

4人乗りのセスナ。ちょっと怖かったけど、とっても天気のよい日だし、またとないチャンス!セスナを点検しているのは私の友人のビートさん。パレルモでも屈指のエンジニア兼大学教授で趣味はスポーツカーとセスナ。本日のパイロットです。

ルートは海岸線を東にむけてタオルミナへ。
d0110650_60185.jpg


タオルミナ上空。やはり空から見る町は違います。。。丸い建物がギリシャ劇場。
d0110650_61096.jpg

カポタオルミナ!
d0110650_62863.jpg


このあと、エトナ山を周遊しパレルモへ戻りました。飛行時間約3時間!途中私もセスナ操縦させてもらいました!生まれて初めての操縦!大感激でした。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-05-11 06:04 | ホテル、滞在

郷土市場の日曜日

私の住んでいるボルゴ地区は、パレルモの郷土市場のひとつ、「ボルゴ・ベッキオ」があります。
海に近く、漁からあがった新鮮な魚を売る魚市場的な役目があったそうです。
d0110650_005424.jpg

ここが一番にぎわうのは日曜日の午前中。

11時30分くらいから13時ごろまで、家族や友人などを招いて日曜日の昼食 の食材を買いに来る人でいっぱいです。

新鮮な魚、お野菜、お肉など他のお店が全て閉まっている日曜日でも午前中ならなんでもそろいます。
日曜日だけ特別にイカのフライやシーフードサラダなど新鮮な魚をすでに調理した「お惣菜」も各魚屋で並びます。値段はけっこう高いのだけど。。。

広場では魚屋や肉屋で買ったものを炭火で焼いてくれる「炭火焼屋」のおじさんたちもいます。モクモクとあがる煙とローストされた肉や魚の香りがたちこめる市場、「パレルモ庶民の食生活」がうかがえる場所のひとつです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-17 00:00 | 町角通信

3月8日「女性の日」

昨日3月8日、は「女性の日」。正式にはインターナショナル・ウーマン・デイ」。世界各国で女性の人権や社会的地位を確立するために戦う女性たちの日ということだそうですが、イタリアではそんなこと関係なし。
d0110650_9473825.jpg

この日は男性が女性にミモザの花(写真)を送り、「おめでとう(アウグーリ)」といい、夜になると女性同士だけで出かけて食事をしたり、男性ストリップを見に行ったりと、唯一「主婦」たちが家庭を忘れてナイトライフを楽しめる日としてすっかり商業化しています。

もともとは、1857年、アメリカNYの女性労働達が労働条件の改善や低賃金の改正を求めてデモを行った日なんだそうです。その他にも、アメリカで発生した1911年の工場火事で亡くなった多くの女性労働者たちを回顧すろとか、とにかく結構マジメな日なはずなのですが。。。

普段家に閉じこもっているマンマ達が夜な夜なエネルギーを発散しまくりながら一年中の夜遊びをこの日に集中させ、日中は通りのあちこちでミモザのインスタント花束が売られる不思議で脳天気なイタリア独特のイベントとしかいえそうもないですね。。。

ちなみにミモザアレルギーの私はイタリアの習慣に逆らい、この日は外出しない(できない)日なのです。
[PR]
by noranekosicilia | 2009-03-09 09:43 | 町角通信

パレルモっ子のパスタ!「アネレッティ」

先日、メンフィー海岸でバカンスを過ごしている友人宅へお邪魔しました。ここのご主人は生粋の「パレルミターノ(パレルモ人)」。地域の独立性が強いイタリアでは出身地で食事や習慣も違います。この日の昼食は「アネレッティー」。このご主人自慢の家庭料理のひとつです。
d0110650_19254598.jpg

「アネレッティー」は指輪型をした小さいパスタの名前。指輪はイタリア語で「ANELLO(アネッロ)」なので訳せば「小さな指輪」っていう意味です。
しっかりしたトマトべースのソースでいただきます。典型的なパレルモの家庭料理ではひき肉、グローブ、ニンジン、グリンピース、ペコリーノチーズ、バジルなどを入れたソース。今日はこれに素揚げしたナスが加えられさらに「シチリア夏の食感」一杯です。

このアネレッティーは、ハムやモッツアレッラチーズ、それに茹でタマゴのスライスを加えてオーブンにかけることが多く、これは「ティンバッロ アッラ パレルミターナ(パレルモ風ベイクドバスタ」とも呼ばれてパレルモっ子の大好物のひとつ。ティンバロは冷めてもおいしいのでよくピクニックやお弁当用の料理としても知られています。特に暑い夏、ビーチで一日中海水浴を楽しむ家族などは、海岸でビーチパラソルの下、子供から大人まで揃ってこのアネレッティーを食べている姿も見られ、パレルモ庶民の夏の風物詩のひとつでもあります。

アネレッティーは1年中、大衆的なレストランやバールなどのカウンターで気軽に食べられます。パレルモっ子の味、是非試してください。
[PR]
by noranekosicilia | 2008-09-04 19:26 | グルメ、フード、ワイン

シチリアの家庭料理 「カポナータ」

シチリア家庭料理の代表格のひとつ「カポナータ(Caponata)」です。
d0110650_3102927.jpg

オリーブオイルで炒めた野菜をセロリ、オリーブ、ケッパーで和え、甘酢ソースを絡めたもの。最もクラッシックなのは茄子とピーマンで作られたものです。シチリア島内には約37の伝統的なレシピがあるそうですが、各家庭でマンマがそれぞれ工夫した「我が家風」というのが一般的。現在は前菜、もしくは付け合せの野菜として出されますが、1700年代まではメインディッシュとしても食べられていたそうです。「カポナータ」の名前の由来はいろいろとあり、はっきりとしていませんが、カサゴ科の魚の名前である「カポーネ」から来ているという節があります。たしかにこの魚を調理する方法のひとつとして野菜を加えた甘酢煮があるのです。おそらく漁師たちが集まる大衆食堂でメインとして魚なしに出されたため、「カポナータ」と呼ばれるようになったのでは…といわれています。

作り方はいたってシンプル
 まず茄子やピーマンなどの野菜を小口に切って、オリーブオイルで炒めます。このとき野菜を別々に揚げるのがコツ。野菜は半分くらいに炒め上がったところで器に移します。
 トマト、セロリを小口切りにして、オリーブのタネを抜き、それらをタマネギのみじん切りとケッパーを加えてオリーブオイルで柔かくなるまで炒めます。トマトはホールトマトを使ってもよいかも。
 2に1を加え、野菜がやわらかくなるまで中火で炒めます。
 コップに砂糖を大さじ2杯くらい入れ、同量のワインビネガーを加えて混ぜ合わせます。砂糖とビネガーの量はそれぞれ味を見ながら自分の好みにあうように調整しましょう。
 3に4を加え、塩コショウで味を整え、冷ましていただきます。

シンプルだけど結構手がかかります。シチリアの家庭ではこれを大量に作り、お客様が多い時の前菜として、そのほか、ビンに詰めて保存食にしています。カポナータをパンと一緒に食べるのが一般的。最近缶やビン詰めの工業食品も売られていますが、やっぱり家庭で作る味が一番!
d0110650_3105771.jpg
カポナータはギリシャ料理「モサカ」に似ているといわれます。地中海沿岸ではトマトと茄子組み合わせがやっぱり多いようですね。
[PR]
by noranekosicilia | 2007-08-30 02:34 | グルメ、フード、ワイン

夏の渇いた喉に「セルツ」!

d0110650_1252183.jpg


この緑色の飲み物の名前は「セルツ(Selz)」 カターニャ市内の通り道には「キオスケット」と呼ばれる」立ち飲みやが多くあるが、ここの最もポピュラーな飲み物がこれ。
砂糖入りの炭酸水GASSOSAにレモンとミントシロップを混ぜ、最後に塩をちょっと入れたもの。塩が入ると炭酸がシュワシュワと泡を立てるが、これがとってもスズシヤカな音です。
一番一般的なのはミントシロップを入れていないもので、カターニャの人々は午後の散歩の途中、キオスケットで足をとめ、このセルツを楽しみます。塩分と酸味と甘味が調査されたさっぱりとした味わいで、夏の暑い日の夕刻、シュワシュワ~という音とともにこれを飲むとほんとに喉の渇きが癒せます。私がセルツを知ったのはカターニャ市内をブラブラしていたとき、多くの人が何やら見かけたこともない色をした不思議な飲み物を飲んでいるのを目撃し、キオスケットで試したのが始まり。今やセルツはシチリアの猛暑を乗り切るパートナーとなりました。
残念ながらパレルモではあまりお見かけしないので、自宅で作ります。皆様も是非試してください。

セルツの作り方
ガソーザ(甘味のついた炭酸水。スプライトで代用できる)150ミリ程度
レモン4分の1切れ
ミントシロップ(好みで) 少々
塩 小さじ3分の1くらい

ミントシロップを少々入れたグラスにガソーザを入れ、レモンを絞る。最後に塩を一気にいれスプーンでかき混ぜる。
[PR]
by noranekosicilia | 2007-08-13 01:24 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島のことなら

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
B&B, アグリツーリズモ
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信
現地レポート
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
more...

検索

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

その他のジャンル