シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光情報と日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:生活 ( 26 ) タグの人気記事

パレルモのトラムに乗ってみる

1年ちょっと前に開通したパレルモのトラムに乗ってみました。開通といってもまだ建設中な場所も多く、現時点で運行されているのは市内から離れた新興住宅街的な場所ばかり。
だから、私もこれまで一度も利用したことはありませんでした。(と、いうより今のところ利用する必要性がない場所ばかりなので)

本日は珍しく市内からちょっと離れたレストランでお仕事が終了したので、試乗体験!
d0110650_15512982.jpg
こちらが乗り場。30分に1本くらいの割合で運行されています。
d0110650_15515656.jpg
チケットは停留所に設置されている自動販売機でも購入できます。…でもお釣りは出ないので予め小銭を用意しておかないといけません。故障も怖いから、できるだけ前もって用意したほうがよさそう。タバコ屋さんなどで購入できるAMATの市バスチケットで乗車可能なので、私はそれで乗車しました。
d0110650_15532703.jpg
いよいよやってきました!新しいピッカピッカなトラムに初めての乗車です169.png

乗り心地はなかなか良かったです。渋滞が多い道も比較的スムーズに移動できるので、これが市内中心まで開通すれば便利な乗り物になる可能性も高いかもしれませんね。しかしながら、現在の状況では市内移動は何ら役に立ちません。ちなみにこの日トラムとバスを乗り継いで町の中心まで戻るのに掛かった時間は1時間でした。


[PR]
by noranekosicilia | 2017-04-15 16:08 | 町角通信

秋は結婚式のシーズン

シチリア島もすっかり秋となってきました。
暑すぎず、寒くなく という一番気候のよいシーズン。この時期には多くの文化イベントなんかもあったり、「実りの秋」というせいか村での収穫祭も多いのです。

そして何といっても多くなるのが結婚式053.gif・・・
d0110650_07193130.jpg
カトリック教徒が多いイタリアの中でも特に敬虔な信者が多い南イタリア。シチリア島も例外ではありません。
近年教会離れが囁かれる若者でもやっぱり「結婚は教会で!」というのが夢なんです。

イタリアの法律では日本と同様宗教を介さない「市民結婚」が正式なものなのですが、昔からの伝統的である「教会でミサを挙げる結婚」がやはり根強く支持されているのです。後者は現在ではあくまでも「ミサ」であり、法律の対象制約はないのですが、小さな村などでは「教会で挙げる結婚」を結婚と認める人も少なくありません。

ということで、結局イタリアのカトリック教徒は法律上正式な結婚である「市民婚」と宗教上での結婚「教会婚」の2つを挙げる人が多いのです。

細かな違いはいろいろありますが、大きく違うのは

市民婚 
  • 市役所など公共機関で進行役(市長や市役所関係者が多いですが、一般人でもOK)立会いのもと行われる。
  • 花嫁はウエディングドレスを着る必要ない。(というか、昔は着てはいけなかった)
  • 再婚やカトリック教徒以外など社会的、宗教的規制はない。

教会婚
  • 教会で神父さんがミサを挙げて行われる。
  • 花嫁はウエディングドレス。
  • 再婚や異教徒は不可という規制あり。

というところでしょうか?
つまり、市民婚では「ウエディングドレスを着てバージンロードを歩き…」なんていう映画の1シーンのようなものはないのです。026.gif
まあそういう意味でも女性達は特に「教会」での結婚を望むのかもしれませんね。確かにムードが違いますから。

教会婚の場合は結婚式を2度することになります。最初が市民婚、それから教会。この2つの間には様々な手続きのため半年くらいのズレがありますが、もちろん「教会派」は後者が正式な結婚とされるため、盛大なパーティーは教会での結婚式を挙げた後。…でもすでに夫婦となっているから教会婚で花嫁さんに「初々しさ」を感じることは稀なんですが…037.gif

季節のよい秋は多くの教会で毎日のように結婚式がありますが、これに伴い教会内の一般観光時間も多少変更されることがあります。
特に結婚式が多いのは金曜と土曜の午後16時くらいから。この時間に教会の観光はできなくなることもあります。まあ、その分結婚式に参加できるという特典もありますので、しっかり教会内を観光するのでなければこの時間を狙っていくのも良いかもしれませんね。

[PR]
by noranekosicilia | 2016-10-01 07:24 | 町角通信

シチリアの春 その2 草花編

4月~5月にかけてのシチリア島はどこへ行っても鮮やかな色のお花が群生しています。
春の陽気とともに心もウキウキしてしまうようで、シチリアが一番輝く季節だと思いますが、遺跡観光などの際に「彩り」を添えてくれる草花達をラインアップしてみました。

d0110650_263415.jpg

アチェトセッラ(ACETOSELLA)。茎の所をガジガジと噛むとレモンのような酸味がするのです。

d0110650_26487.jpg

おなじみマルゲリータ!黄色も白色もみ~んなマルゲリータって呼ばれますね。イタリア中でお目にかかれます。

d0110650_255710.jpg

マルバ(MALVA)はハーブティーにも使用されます。

d0110650_254898.jpg

アルテミシアも薬草として使われるそう。こちらではアセンチアとも呼ばれ、エッセンシャルオイルやお酒の原料にもなります。

d0110650_255040.jpg

レンティスコ(LENTISCO)はピスタチオの仲間だそうで。雄花と雌花があります。

d0110650_26361.jpg

そして、やっぱり締めくくりはザガラ(ZAGARA)。ビターオレンジの花です。柑橘系の香りが周囲一面に広がります。これを使ったオーデコロンはシチリア島のお土産にもオススメです。

このお花たちが散る頃、シチリア島には輝く海と灼熱の太陽の季節がやってくるのです。
夏はすぐそこ...
[PR]
by noranekosicilia | 2015-05-20 02:14 | 町角通信

シチリア、春の風物詩 (食べ物編)

やっと春らしくなってきたパレルモです。今年は寒い冬と雨が多くうっとうしいなあ~ という日が4月になっても続いていましたが、ここのところ晴天つづき!

シチリアの春はいいです~

シチリアンブルーの青い空と輝く太陽!気分までウキウキしてしまう。
と、いうことで市場に春の食材を仕入れに行ってきました。

ありましたよ~...ピッカピッカのネオナータ(シラス)が!

と、いうことでゴージャスなランチです。
d0110650_2494039.jpg


d0110650_257958.jpg

ピッカピッカの新鮮なネオナータはやっぱり生で!レモンのマリネでアンティパストです。
d0110650_259124.jpg

そしてネオナーターのリングィーネ。
d0110650_30675.jpg

メインはネオナーターのフリッテッラ!いや~、アツアツをパクリとすると美味しい!

シチリア、春のネオナータ尽くしランチを友人と一緒にお家でゆっくりと堪能しました。
[PR]
by noranekosicilia | 2015-04-17 03:02 | グルメ、フード、ワイン

朝寝坊さん、日食ですよ!!!



昨日1月4日はパレルモで日食現象が見られました!
朝7時半くらいから10時半すぎまでヨーロッパ各地で現象が確認できたそうですが、パレルモは9時すぎくらいに日食現象がおきました。

この日食は約60%まで影になり2026年までに起こるものとしては最大規模に近いものだそう。(2015年3月に同様の日食現象があるそうです)

…ちなみに私は朝寝坊しておりまして…まあ、YOU TUBEのビデオでお楽しみください。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-01-05 04:12 | 町角通信

あけましておめでとう!

クリスマスとサントステファノが終了すると、カポダンノ(お正月のこと)ですが、イタリアでは31日のほうがにぎわいます。みんなホームパーティーに招待されていたり、ホテルやレストランが開催する「チェノーネ」に参加したり…何をするわけでもないのですが、とにかく賑やかに夕食をとって、深夜のカウントダウンをスプマンテとともに待つのみ。新年になると花火があがり飲めや踊れと朝方まで大騒ぎです。

そして、1月1日は朝寝坊した後「プランツオ・ディ・カポダンノ」(お正月の昼食)。まあこれが黄金コースというとこでしょうか…さて、私の12月31日、1月1日は…

なんと31日はおせち料理!!いや~、20年くらい食べてませんでしたよ~。パレルモでいただけるなんで感謝感謝!
d0110650_1946448.jpg

そして1月1日の昼食(プランツオ・ディ・カポダンノ)は伝統的シチリア風。これがテーブルセッティングです。
d0110650_19461647.jpg

d0110650_19463873.jpg

天使のナプキン止めがかわいい。ちなみにこっちではお正月もクリスマスグッズOKです。
d0110650_19462587.jpg

まずは前菜。スモークサーモン。プロセッコと一緒にいただきました。
d0110650_19464662.jpg

イタリア国内の典型的正月料理「コテキーノとレンティッケ」レンズ豆がお金の形をしてるので「幸運」を示すんだそう。
d0110650_19465599.jpg

そしてセコンドは牛肉のフィレ、モスカートワイン煮です。マスカットワインのほのかな甘みが絶妙!マッシュルームとアーキチョークも入って豊かな味でした。

さてさて、最後のフェスタ(お祭り)は1月6日エピファニア。また新たな一年がはじまりました。
今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by noranekosicilia | 2011-01-03 20:12 | 現地レポート

クリスマスとサント・ステファノ

こちらではこの時期「クリスマスはどうするの?」「サントステファノは?」という会話が飛び交うのですが、何度も述べたようにイタリアではクリスマスは家族で過ごす日。でも父方、母方があるので次の日(サントステファノ)を別の家族の家で過ごすのが普通。だから25、26日は祝日なのですね。(ちなみにそれでも足りない場合はイブの日も別の家族…家族のいる人はけっこうみんな忙しいのです。

され、独り者の私は…
家族のようにおつきあいしているカップルと一緒にイソラ・ディ・フェミナにある新しいレストランン「CHARMANT」で、そして、26日はこの家族の家庭での昼食でした。

25日のレストランはやっぱり満席。メニューはこの日のためのクリスマス特別メニューのみです。
d0110650_3391721.jpg

まずはアペリティフの生ガキから…
d0110650_3392214.jpg

タコのサラダ、手長海老のグラティン、左はスモークサーモンのムースです。
ここは近くにある超有名はシーフードのトラットリーアの同系列だけに魚料理がたらふく食べられる所。
このあとも、手長海老とピスタチオのリゾットをはじめとしてパスタ2皿、メイン、デザート2種と続きました。。。

さてさて、26日今度は打って変わって家庭料理です。
d0110650_3395347.jpg

テーブルもクリスマス用のセッティング。
d0110650_340410.jpg

センターにあるキャンドルは知人からのクリスマスプレゼントだそう。全て手作りの作品というのがすごい。
d0110650_3402546.jpg

d0110650_3472733.jpg

小エビのカナッペ。シンプルなんだけどとってもおいしい!パーティによさそうね。
d0110650_3403250.jpg

お手製のラグー。魚つづきだったからこれめちゃくちゃ嬉しい!
d0110650_3403711.jpg

デザートも全て手作り。ティラミスとドライフルーツのチョコレートコーディング、パスタ・ディ・マンドラ

ともあれ、シチリアの伝統通り(?)家族と過ごした時間。のんびりとした2日間でしたね。
26日が終了したら次は31日!「お正月なにするの~?」という会話が飛び交ってます…
[PR]
by noranekosicilia | 2010-12-30 03:52 | 現地レポート

12月13日は「クチーア」と「アランチーニ」を食べます

本日12月13日は「聖女ルチアの日」。3世紀ぐらのシラクーサで生まれた女性、キリスト教を信仰して殉教したとされます。
d0110650_2241892.jpg

この日、シラクーサのオルティジャ島では町で一番重要な宗教行事が催され、大聖堂からルチアの聖骨が入った純銀の聖像が町を練り歩くのです。

まあ、仰々しい宗教イベントや伝統はそっちのけで、庶民習慣に目をやりますと、この日はパンやパスタを食べない日なのです。んで、代わりに食べられるのがお米や麦なのですが、パレルモで代表的なのはアランチーナとパネッレ。パレルモではこの日、アランチーナが飛ぶように売れます。
d0110650_2222525.jpg


それからもうひとつ、この日だけに食べられるものは「クチーア」!茹でた大麦です。小粒を意味する方言(コッチュ)からこう呼ばれるそうですが、シチリアだけの方言みたいですね。

17世紀に大飢饉に襲われたシチリア島の人々が聖女ルチアの日に救いを求めたところ、麦を積んだ船がパレルモ、トラパニ、シラクーサに寄航したそうです。飢餓状態の人々はそれを挽いたりする時間も惜しんでそのまま茹でて食べてしまった というのがこのクーチアの習慣にまつわる歴史。

とにかくシチリア島では本日、茹でた麦を様々な方法で食べるのです。パレルモではこれ!
d0110650_2222418.jpg

リコッタクリームとあえて、チョコチップをまぶしたもの。このほかにもレモンクリームやチョコクリーム、さっぱりとワインとシナモンで煮ただけのものなどシチリアの各地方によりいろいろです。

飢餓から始まったクチーアですが、今ではすっかり「お菓子」として定着。12月13日のみの特別メニューとしても登場したりしてます。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-12-13 21:51 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

「イマコラータ」って…?

d0110650_21122479.jpg
本日12月8日はイタリアの祝日「イマコラータ」です。1854年にカトリック行事のひとつに加えられたそうですが、カトリックでない私たちにはイマイチ理解しがたい…

なにはともあれ、本日からクリスマス期間に入る日でもあります。イタリアでは一番重要な行事ってことですが、その準備期間兼お祭り期間ってこと。

町は本日よりクリスマスイルミネーションがギラギラ!ツリーやらポインセチアやらせっせとクリスマス準備です。
ちなみに写真は2009年、マッシモ劇場のクリスマス姿です。

クリスマスプレゼントを揃えるためにに人は町を奔走!様々な村ではクリスマス市がたって、イタリアで最も経済活動も盛んな期間ですね~さらにこの時期は「寄付」の時期でもあり偽善正しいイタリア人たちはせっせと物乞いにも小銭をプレゼントいたします。

イルミネーションが美しくなる夕刻から人は賑やかな町へくりだし、お散歩件プレゼント物色。
パレルモでは本日より毎夜どこかの友人宅に集まりカードゲームが始まります。

たいていバカラが行われるのですが、みんなお金をかけて「クリスマスの資金稼ぎ」を行います。

この時期にシチリア島を滞在する人にお勧めなのは夕刻のお散歩!イルミネーションで飾られた町の活気は歩いているだけでも楽しいです。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-12-08 21:24 | 町角通信

手作りのフルッタ・ディ・マルトラーナ

「フルッタ・ディ・マルトラーナ(Frutta di Martonrana)」は、先日の「フェスタ・ディ・モルテ」の日に代表されるお菓子。
d0110650_19335538.jpg


現代ではこの時期にお菓子屋さんなんかで購入されるのですが、昔は女性達が手作りして、ご近所や親戚に配ったりもしたそうです。

先日友人宅にお邪魔したときに、近所の奥様の手作りというフルッタ・ディ・マルトラーナ(以下FDMと略す)を振舞われました。お店のものとはぜんぜん違うファンタジーいっぱいの素晴らしいFMのご紹介!
d0110650_19364013.jpg

まずは定番。「栗もどき」。季節が感じられますねぇ。
d0110650_19385659.jpg

「レモンもどき」。FDMは「えせフルーツ」とも言われ、パレルモの伝統的なお菓子として認定されてます。フルーツの形が伝統的ですが、お菓子屋さんでは「酸味」を彷彿させるレモンはあまり見かけませんね。以下、オリジナルならではのシェイプです。
d0110650_19413132.jpg

ハロウインのカボチャ。FDMの歴史は12世紀。マルトラーナ教会近くの修道女達が中庭にあるフルーツをまねてお菓子を作ったのが始まりだそう。その時期には当然ハロウインは存在しなかった!

それでは、「これお菓子なの?」というオドロキの最高傑作をどうぞ!
d0110650_19414217.jpg

「ウニもどき」
d0110650_19413814.jpg

ホットドッグもどき…
d0110650_194145100.jpg

パスタもどき…ちなみにこれはパレルモ男性料理代表「パスタ・コン・ピセッリもどき」。グリーンピース缶を茹でたパスタに混ぜるだけの「女房いない日メニュー」…この辺がファミリー的で微笑ましい。
d0110650_19455075.jpg

そして最後は「パネ・パネッレもどき」ちゃんとゴマまでついている!私としては「モチーフ」も「完成度」も総合してNo1作品と思います。(しつこいようですが、これお菓子です!)

「と~っても甘い」ので個人的には苦手なお菓子ですが、カラフルでお茶目。保存もよいのでお土産にもGOODです!
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-10 19:58 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島のことなら

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
B&B, アグリツーリズモ
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信
現地レポート
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

その他のジャンル