シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光情報と日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タグ:フード ( 44 ) タグの人気記事

モディカのチョコレート

これは、カカオです。モディカのチョコレート工場にあったもの。モディカのチョコレートの原料!
d0110650_1683422.jpg


ラグーサ県にある山奥の村モディカにチョコレート作りが伝わったのは15世紀スペイン統治時代のこと。
現在でもその当時の製法でチョコレート作りがされています。

現在のチョコレートはなめらかさを出すためにカカオバターを別に、また加え、高温で練り上げます。
これに対してモディカのチョコレートはカカオの中に含まれているカカオバターのみを使用。カカオを細かくつぶしながらそこから出るカカオバターを利用し、低温で練られます。
d0110650_169381.jpg


当然低温だけに最後に加えられるお砂糖は融解せずに残ります。ガリガリとした歯ざわりがこれ!
当時チョコレートは高級品。量り売りでお料理などにも使用されたそう。

モディカは現在でもシチリア島の各都市との接続が悪く、そういう意味で閉鎖された村がこの伝統を守ったということになるのです。

スローフードに認定されたこのチョコ、現在では赤唐辛子入り、シナモン入り、バニラ入りなど様々なフレーバーがあります。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-29 16:20 | グルメ、フード、ワイン

モディカのチョコレート

これは、カカオです。モディカのチョコレート工場にあったもの。モディカのチョコレートの原料!
d0110650_1683422.jpg


ラグーサ県にある山奥の村モディカにチョコレート作りが伝わったのは15世紀スペイン統治時代のこと。
現在でもその当時の製法でチョコレート作りがされています。

現在のチョコレートはなめらかさを出すためにカカオバターを別に、また加え、高温で練り上げます。
これに対してモディカのチョコレートはカカオの中に含まれているカカオバターのみを使用。カカオを細かくつぶしながらそこから出るカカオバターを利用し、低温で練られます。
d0110650_169381.jpg


当然低温だけに最後に加えられるお砂糖は融解せずに残ります。ガリガリとした歯ざわりがこれ!
当時チョコレートは高級品。量り売りでお料理などにも使用されたそう。

モディカは現在でもシチリア島の各都市との接続が悪く、そういう意味で閉鎖された村がこの伝統を守ったということになるのです。

スローフードに認定されたこのチョコ、現在では赤唐辛子入り、シナモン入り、バニラ入りなど様々なフレーバーがあります。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-29 16:19 | グルメ、フード、ワイン

カポ市場にあるパレルモ料理のレストラン

パレルモのカポ市場の中にあるレストラン、「SUPRA MURA(スプラ・ムーラ)」。「城壁の上」という意味なのですが、たしかにこのレストランのところが昔の城壁でした。
d0110650_6432550.jpg

パレルモ市民はもちろん最近では観光客も訪れるようになった町の中心近くにあるカポ市場。いつも新鮮な野菜、お肉、お魚が豊富!カポ市場についてはかなり以前にブログに書きました
d0110650_6422463.jpg

真剣…肉屋さんの本筋を行くってかんじですね…
さて、その本筋にもどして、スプラ・ムーラのメニュー…
d0110650_624449.jpg

このお店の売りは「新鮮な典型的パレルモ料理!」素直にマジメに作った優等生的なお料理に出会えます。
d0110650_6244350.jpg

この日はよいお魚が入ったということで、アンチョビーのマリネといかエビのフライにしました。

市場の中にあるレストランはあまりにも大衆的すぎて入りにくいところや、観光客めあてのバチモノ(偽者ってか…?)が多くのですが、ここは比較的入りやすく、そして新鮮な素材を使ったパレルモ料理が楽しめます。
こういった地元の人が行くレストランには、ちょっとした問題があったりするのですが…それは…メニューがないのですね。コミュニケーションが苦手な人にはちょっと大変かも。

地元の人が行くレストランを体験したいけど言葉が心配…といわれる方には日本語アシスタントなどの手配をオススメします。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-24 07:05 | グルメ、フード、ワイン

「ピザ」!イタリアの常識

パスタ以外にイタリアを代表する食べ物といえばピザ!イタリア語では「ピツッア(PIZZA)」です。
d0110650_2037109.jpg

ナポリが発祥の地といわれますが、イタリア中どこでも食べられている国民食となってます。
イタリアでピザを食べたいッ! と思うのはあたりまえ…でも本場イタリアは日本とちょっと違う「常識」があるのです…

以下、知ってるようで知らないイタリアン・ピツッアの常識紹介~

1 ピツッアは夜の食べ物です!

イタリアではピツッアは夕食です。ピザを出すカジュアルなレストランを「ピツッアリーア」といいますが、夜にならないと釜を暖めない店も多く、ランチではメニューに入れていないお店も多いです。観光客やビジネスマンの多い場所ではお昼もピツッアを出す店も増えていますが…

2 シーフード系ピツッアは異端児なんです!

イタリアではチーズとシーフードを混ぜないことが多いので、ピツッアのトッピングにはあまり一般的ではありません。魚系で一般的に「変な顔をされずに」トッピングが許されている(?)のはアンチョビーとシーチキンくらい。(先日、スモークサーモンのトッピングを注文したら周囲の友人から笑われました…)
もちろん、ピツッアはファンタジー!注文できないわけではないですが、確かにシーフードはピザにのせるよりおいしい食べ方がいっぱいありそうですね。

3 「タバスコ~」は禁句!
ピザにタバスコをかけるのはアメリカ式。イタリアではまず行われません。「タバスコお願い~」なんて言っても「そんなものないよ~」という返事がかえってくることが多いです。ピリカラがお好みの方は「オリオ・アル・ペペロンチーノ(赤唐辛子入りのオリーブオイル)」をお願いするとよいです。

ちなみに飲み物の定番はコカコーラがビール。ワインもokですが、オレンジジュースとか炭酸系以外のソフトドリンクはXですね…

これであなたもイタリアンピツッア通(?) イタリア滞在中には是非ピツッアリーアでおいしいピツッアをイタリア人風に注文してみましょう!
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-15 20:24 | 旅の豆知識

手作りのフルッタ・ディ・マルトラーナ

「フルッタ・ディ・マルトラーナ(Frutta di Martonrana)」は、先日の「フェスタ・ディ・モルテ」の日に代表されるお菓子。
d0110650_19335538.jpg


現代ではこの時期にお菓子屋さんなんかで購入されるのですが、昔は女性達が手作りして、ご近所や親戚に配ったりもしたそうです。

先日友人宅にお邪魔したときに、近所の奥様の手作りというフルッタ・ディ・マルトラーナ(以下FDMと略す)を振舞われました。お店のものとはぜんぜん違うファンタジーいっぱいの素晴らしいFMのご紹介!
d0110650_19364013.jpg

まずは定番。「栗もどき」。季節が感じられますねぇ。
d0110650_19385659.jpg

「レモンもどき」。FDMは「えせフルーツ」とも言われ、パレルモの伝統的なお菓子として認定されてます。フルーツの形が伝統的ですが、お菓子屋さんでは「酸味」を彷彿させるレモンはあまり見かけませんね。以下、オリジナルならではのシェイプです。
d0110650_19413132.jpg

ハロウインのカボチャ。FDMの歴史は12世紀。マルトラーナ教会近くの修道女達が中庭にあるフルーツをまねてお菓子を作ったのが始まりだそう。その時期には当然ハロウインは存在しなかった!

それでは、「これお菓子なの?」というオドロキの最高傑作をどうぞ!
d0110650_19414217.jpg

「ウニもどき」
d0110650_19413814.jpg

ホットドッグもどき…
d0110650_194145100.jpg

パスタもどき…ちなみにこれはパレルモ男性料理代表「パスタ・コン・ピセッリもどき」。グリーンピース缶を茹でたパスタに混ぜるだけの「女房いない日メニュー」…この辺がファミリー的で微笑ましい。
d0110650_19455075.jpg

そして最後は「パネ・パネッレもどき」ちゃんとゴマまでついている!私としては「モチーフ」も「完成度」も総合してNo1作品と思います。(しつこいようですが、これお菓子です!)

「と~っても甘い」ので個人的には苦手なお菓子ですが、カラフルでお茶目。保存もよいのでお土産にもGOODです!
[PR]
by noranekosicilia | 2010-11-10 19:58 | グルメ、フード、ワイン

イソラ・デ・フェミナの超シンプルレストランで最高の夕食

昨日の続き…カポーネ3匹もらったあと、港すぐそばのトラットリーアへ。
d0110650_5224391.jpg

すごくシンプルな内装です。もlち家族経営。
d0110650_5221881.jpg

昔は魚屋だったらしく、入り口にあるデカイ冷蔵庫にはその当時の写真がありました。赤いシャツの人物がオーナー。息子は漁師。この日も捕りたての魚が賞味できます。
d0110650_5224864.jpg

まずはアンティパストから。カジキマグロのインボルティーニとカポーネのフライ。このインヴォルティーニめちゃうま!
d0110650_523816.jpg

イワシのつみれから作ったミートボール。下にしかれたカリカリパンとの愛称はバッチシ…歯の弱い人にはちょっと不向きかもね。
d0110650_5225043.jpg

シチリアの家庭料理、「サルデ・ア・ベッカフィコ」。海の定番です。
d0110650_523681.jpg

じゃじゃーん!さっき運ばれたばかりのカポーネをグリルにしたもの。低温でゆっくりと焼かれたのでジューシーでやわらかい身となりました。

このレストランはあまりにもシンプルすぎる外見からはちょっと入るのに途惑うかんじがあるのですが、新鮮な魚をシンプルに食べられて最高でした。ここを紹介してくれ、同席してくれた友人に感謝。やっぱ、シチリア島はコネでつながる社会なのです。

知り合いがものをいう世界…シチリアのレストランはやっぱり「どこで食べるか」より「誰と食べるか」で決まる世界なんですねぇ。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-27 05:41 | グルメ、フード、ワイン

秋の魚はやっぱり「カポーネ」

地元の人に「シチリア島の秋の魚は?」と聞けば必ず「カポーネ」 という言葉が返ってくるとおもいます。
d0110650_132448.jpg

これが、カポーネ(CAPONE)。この名前はシチリアの方言で、イタリア語では「ランプーキ」というそう。ちなみに日本語では「しいら」です。

このカポーネを求めてある秋の夜8時頃、パレルモ近くの港町、イソラ・デッラ・フェミナに足をのばしました。
d0110650_124814.jpg


d0110650_13832.jpg

次から次へと船が戻ってきます。猟師さんたちの話では船は早朝5時くらいに出航、一日中漁をして、この時間に戻ってくるのだとか…いやー、ご苦労さまです。

椰子の葉で影をつくり、影を求めてやってくるカポーネを一匹だけ吊り上げるそう。このシステムを「カニッツィ」というそうです。
群れをなしているので、一匹つれたということは、その下にはカポーネがウジャウジャいるということだそうで、その後、そそくさと網を張るのだそう。この網の張り方で大漁かどうかが決まるということで、ここは経験がものを言うのです。

d0110650_13454.jpg

今日は大漁!だそうです。このカポーネは氷をしかれ明日の魚市場に並びます。3匹もらってしまった!!

d0110650_142231.jpg

漁港近くにある猟師が経営する地元のトラットリーアで、捕りたての魚づくしで夕食でーす。
それはまた次回にレポートします。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-25 01:21 | 現地レポート

シチリア島のお菓子度No1、カンノーリの味

いいまさらって気もしますが、今日はシチリア島を代表するお菓子「カンノーリ」のお話。
d0110650_7515577.jpg

スコルツァと呼ばれる外側は小麦粉、ワイン、ラードなどで練った生地を揚げたもの。現在は鉄の型にくるくると巻きつけ形をつくるのですが、その昔は竹にまきつけていたそう。このCANNA(カンナ 竹の意味)が名前の語源だそうです。

筒状の焼き菓子の中にリコッタチーズにお砂糖を加えたリコッタクリームをたっぷり詰めて出来上がり。

もともと復活祭の際に作られるお菓子だったそうですが、けっこう手軽に作れるのであっという間にシチリア中に広まり、今では一年中出回っています。

カンノーリは外側のカリッ とした歯ざわりとまったり広がるリコッタクリームの2重奏が決めて。まじめな(?)バールなんかでは注文してからクリームを詰めてくれます。こうすることで、この2重奏がしっかり保たれるのね。

カンノーリといえばシチリアというくらいシチリアを代表するお菓子の王様!映画ゴッドファーザー3でもシチリアを象徴するかの様に用いられていました。

最近ではチョコチップ入りのものや、カスタードクリーム、アイスクリーム風なものも出てきてます。
シチリア島でカノーリが有名なのはピアナ・ディ・アルバネーゼ。パレルモから車で約30分程度でいける村です。
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-18 07:54 | グルメ、フード、ワイン

「ラ・グロッタ」特製!プリプリシーフードサラダに大感激

ちょっと前に友人に案内していただいたレストラン「ラ・グロッタ(La Grotta)」のシーフードサラダです。
d0110650_24279.jpg

シフードサラダはイタリアでよく出る前菜。エビやイカ、タコ、ムール貝などを茹でてオリーブオイルをかけたものでどこのレストランのメニューにもあるのですが、ここのはちょっと特別!プリプリ感が違うのです。

d0110650_2414969.jpg

前菜として出される冷菜だけに、すでに作りおきされたものが多い中、ここは注文してから作ってくれる!だから「茹でたて」のプリプリ感が楽しめるのです。
ちなみにこれは私達が注文した分。はかりで重さを測り料金が決められます。「エビもうちょっと」とか個人個人のオーダーメイド製!
d0110650_244033.jpg

「ラ・グロッタ」とは洞窟の意味。ほれ、お店の中にいきなり岩があるのね。と、いうか、岩の洞窟(グロッタ)をレストランにしてるのですがな…

d0110650_2413857.jpg

外観はいたってシンプル。地元の人ばかりで、当然言葉は「イタリア語(シチリア方言)オンリー…

カターニャとタオルミナの間にある「アチレアーレ(Acireale)」の海近くにある小さなレストランです。席は少ないので予約必須。公共交通機関はほとんどないのでアクセスには専用車の手配またはレンタカーが必要です。

TRATTORIA "LA GROTTA"
VIA SCALO GRANDE, 46 - S.MARIA LA SCALA (ACIREALE)
TEL: 095 7648153
[PR]
by noranekosicilia | 2010-10-14 03:05 | グルメ、フード、ワイン

こだわりのパニーノに出会えるお店

先日偶然見つけたお店です。気になったので試してみました。「パニーノ屋さん」です。
パニーノとはフランスパンにチーズやハムを挟んだサンドイッチ。イタリアでは小腹がすいた時は外出時の軽い昼食なんかによく食べられるので、町中のBARや空港、駅の売店などで見かけます。
d0110650_17372470.jpg

内装は明るくで清潔。緑と白を基調にしたカラーです。ここのお店が他のパニーノ売りと違うのはパン、チーズ、ハムなどにこだわっていうること。通常パニーノは急ぎの時のお仕着せスタイルで誰も「どんな種類のパン」とか考えないことが多いのですが、ここはパンの種類、チーズ、ハム全てチョイスできます。
d0110650_1741361.jpg

私はハモンセラーノとケソマンチェゴのスペイン食材版をチョイス。
d0110650_17425453.jpg

ドリンクも種類は少ないけど、プロセッコやビールにこだわってます。
私が選んだのはSAISON DUPONTベルギー産の白ビールです。
d0110650_17443345.jpg

アロマが高いビールとまろやかな口当たり、ハモンセラーノのジューシー感があって久々に満足するパニーノでした。
これで9ユーロ!!とってもリーズナブル。(ちなみにここではマクドナルドのセットメニューがすでに6ユーロ以上することをお忘れなく…)
観光中に、「手軽にお昼を食べたいけどおいしいものがいい…」なんてパレルモでは非常に難しいワガママな選択をかなえてくれそうなお店のひとつでした。

住所
Via Isidoro La Lumia, 74
091-612-1220
[PR]
by noranekosicilia | 2010-05-22 17:49 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島のことなら

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
B&B, アグリツーリズモ
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信
現地レポート
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
more...

検索

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

その他のジャンル