シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光情報と日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

VINITALYで数多く上位入賞したシチリアワイン

d0110650_2405076.jpg

ヴェローナで例年開催される「VINITALY」イタリアをはじめ世界各国のワイナリーやソムリエ、ワイン愛好家が集うイタリアでは最も由緒あるワインの見本市。3月29日~4月2日まで開催された2007年バージョンでは、世界各国のワイナリーと並び、シチリアのワイナリーも数多く上位入賞を果たしました。特にデザートワイン、 リキューワインの部門では上位入賞全てがシチリアワインという快挙!また、2004~2006収穫の赤ワイン部門では上位入賞6つのワインのうち、4つまでがシチリア産。さらにシチリア内ではあまり生産されていないスプマンテの部門でも、トラパニのワイナリー「FAZIO」のワイン「BURT PETALI」が金賞に輝くなどシチリアワインの質のよさが全世界に認められつつある快挙でした。シチリア内のワイナリーは数多くありますが、国際市場に出荷しているものは数少なく、また、値段もかなり高くなっています。物価上昇が進んでいるシチリア島内でも、ワインの値段は例年上がっていますが「気取らないおいしいワイン」なら10ユーロ(約1600円)~15ユーロ程度、レストランなら20ユーロ程度で楽しめます。おいしいワインとの出会いはシチリアの旅の思い出をさらに心残るものにしてくれるはずです。
[PR]
# by noranekosicilia | 2007-04-06 02:34 | グルメ、フード、ワイン

復活祭特集3 プリツッィーの「悪魔の踊り」

d0110650_1942249.jpg

海抜約1.100mの山上に位置する村プリツッィー(Prizzi)は、復活祭の日の午後に行われる、「悪魔の踊り」(Ballo di Diavolo)で有名です。
復活祭の日、キリストの死を悼む「悲しみのマリア」と「復活するキリスト」をテーマにした2つの聖像がそれぞれ村の端と端から聖行進され、村のメインストリートで再会を果たすというプロセッションが村のハイライトを飾るのですが、この2つの聖像の再会を邪魔するのが悪魔たち。赤鬼のような仮面をつけたディアボロ(悪魔)2名と黄色いヘルメットのような頭にガイコツっぽい顔をしたモルテ(死)1名の3名が村のメインストリートで踊りながら邪魔するべき聖像の到着を待ちます。このディアボロとモルテのユニークな仮面をつけお囃子調の「チャンチャンチャン」というリズムで滑稽な動きをする悪魔達、どこか憎めないオチャメな様相が今では「悪魔の踊り」として一躍有名になりました。当日の午前中は村の特産品などが無料試食でき、ディアボロやモルテの仮装をした子供たちが村のあちこちをはしゃぎ回っている楽しい姿が見られます。ともあれ、復活祭の主役であるはずのマリアとキリスト像をさしおいて人気を集める悪魔たち、世界中からやってくる観光客を踊りの輪に入れてチャンチャンチャンと今年も愉快に踊ります!

<主なプログラム>

7時 悪魔たちの目覚め
11時 特選物の無料試食と民族舞踊団の踊り
15時30分 悪魔の踊り開始 
[PR]
# by noranekosicilia | 2007-04-04 19:02 | イベント、シチリアのお祭り

復活祭期間の卵チョコレート

d0110650_17505762.jpg

本日4月1日は「棕櫚の日曜日(Domenica delle palme)」。カトリック教ではキリストがエルサレムに入場した日とされ、この日から十字架に処され、復活するまでの1週間が聖週間(Settimana Santa)。4月8日の復活祭(Pasqua)と翌日の月曜日(Pasquetta)までが南ヨーロッパのちょっとした「春休み」でもああります。
復活祭の時期に出回るのがこのチョコレートの卵。新しい生命が生まれ出す卵はまさに「復活」シンボル!この時期、シチリアのどこの家庭でも必ず1つはあるはず。小さな卵型のシンプルな物から、子供向けにオモチャが入っているもの、巨大なものや繊細な装飾を施された超高級品など様々です。町のバールのショーウインドーには色とりどりの卵チョコが展示され、これらを見てるだけでも楽しくなってきます。
[PR]
# by noranekosicilia | 2007-04-02 17:49

復活祭特集2 テラジーニの「スキェッティ祭り」

パレルモ近郊のテラジーニ(Terrasini)の村では復活祭の日、毎年ユニークな「スキエッティー祭り」が行われます。別名「独身男性の祭り」、1977よりは
復活祭(今年は4月8日)の午前中、村の独身男性達が各グループに分かれオレンジの木を抱えて村中をパレード。独身女性や婚約者の住むバルコニーの下ではこの木をバルコニーまで抱え揚げ、男の強さたりもって行きながら午後はこの木を村の広場の中心、ドゥオーモ広場に倒れないように埋めて、埋められた木ができるだけ倒れないようにするという「レジスタンス」競争が行われます。オレンジの木が最後に倒れた上位3本のグループが優勝。その後はダンスや民族音楽などシチリアならでわの村の祭りとなります。

祭りは復活祭の前日(土曜日)から始まり、この日はオレンジの木の切断と装飾、シチリア民族音楽やダンス、シチリアン・カレット(シチリアの馬車)などのパレードが行われる他、チーズ、サラミなど村の特産物が展示され無料試食なども行われます。

プログラム詳細(伊)
[PR]
# by noranekosicilia | 2007-03-30 05:05 | イベント、シチリアのお祭り

復活祭特集 ピアナ・デリ・アルバネーゼの民族衣装パレード

d0110650_6332460.jpg

復活祭(イタリア語でパスクワ)はカトリック教にとってクリスマスと同じくらい重要なお祭り。復活祭の日曜日から前の一週間が、聖週間として、キリストの生涯それぞれのテーマを表す聖像やマリア像などが教会から担ぎ出され、町中をプロセッションする。
古くから異教徒や外国人を受け入れた歴史をもつシチリア島は復活祭もユニークなものが多い。
パレルモから車で約40分、標高約740mの山中に位置する村「ピアナ・デリ・アルバネーゼ(Piana degli Albanesi)」は、中世期にアルバニア人によって村が作られた。
村の名前は日本語で訳せば「アルバニア人の丘」。この村は今でもイタリア語の他にアルバニア語を話す人が多く、村の表示もところどころ、アルバニア語である
そんな彼らの宗教は東方ギリシャ正教。よくロシアや東ヨーロッパに見られるもの。復活祭は彼らにとってもとても重要な行事。この日の午前中は村人が全て村のサン・デメトリオ大聖堂に集まり、東方ギリシャ正教のミサが行われる。なんといっても素晴しいのは村人たちの民族衣装!特に女性の民族衣装は赤や緑など色とりどりのスカートに金糸で細やかな刺繍が入れられ、同様のベールやエプロン、アンティークなジュエリーなど、目を見張るもの。この民族衣装、この地域だけに伝わるもので、大変高価なものらしい。おばあさんからお母さんへ、そして娘へと代々受け継げられるそうだ。そんな民族衣装と高価な宝石類を身につけた女性たちがミサの後、大聖堂前のメインストリートを行進して通りに集まる人々に赤い卵を配る。美しい民族衣装をつけた女性たちの行進はこの村を一躍シチリア島きっての「復活祭のメインパレード」となって、現在では多くの外国人観光客も来るようになった。
ミサは10時30分くらいから始まるが、その前に多くの村人達が民族衣装を纏い和やかに集う風景はとてもフォトジェニック。女性達のパレードは12時くらいから。当日は祝日でパレルモからのバスの便などがないので、この村の復活祭観光はパレルモから専用車の手配が必要です。
[PR]
# by noranekosicilia | 2007-03-28 06:31 | 歴史と文化、史跡、美術工芸

↓シチリア島のことなら

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
B&B, アグリツーリズモ
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信
現地レポート
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
more...

検索

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

その他のジャンル