シチリア島の公認日本語観光ガイドがシチリア島&南イタリアの観光情報と日常を綴ります。


by siciliacome

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:グルメ、フード、ワイン( 45 )

エトナ山山麓のバーベキュー的レストラン

タオルミナでのお仕事の後、「肉が食べたいね~」ということになり、友人に連れて行っていただいたお店。
エトナ山へのドライブコースでもある山道を行くこと約40分。お目当てのレストランに到着いたしました。

エトナ山のTRECASTAGNIにあるお肉専門レストラン「L’ORSO SCURO」です。
d0110650_04410129.jpg
おお~レストランの名前(訳 黒熊)どおりクロクマ君のお出迎えだ~。なんか足が細いようにみえるけど…
d0110650_04420142.jpg
店内は木製を基調にしたシンプルなもの。奥にあるお肉のケースが他の山小屋レストランとここの差でもあります。
ショーケースには世界各国から取り寄せられた牛肉、鶏肉、豚肉、そしてハンバーグなどお肉屋さんのように置かれておりました。
このショーケースから自分が食べたいお肉を選んで焼いてもらうのです。
d0110650_04471116.jpg
前菜やパスタ類もあるのですが、本日は「肉」を堪能しにきたため、いきなりメインに入ります。付け合わせはジャガイモのオーブン焼きと野菜のグリル。お肉が焼きあがる前に運ばれてきましたのでこれを前菜がわりにしてお肉を待ちます。
d0110650_04423571.jpg
運ばれてきました~111.png 数多い種類から本日はアルゼンチン産のアングスをいただきます。300g以上あるなかなかのボリュームです。
d0110650_04445932.jpg
お肉の味を100%味わうため、焼き方はレアで!ナイフを入れると肉汁が じゅわ~ っと。脂身が少なく噛みごたえある1品です。

これにお店のオリジナルワイン1本とお水で、1人35ユーロ位でした。

エトナ山の丘陵地にあるレストランなので、明るいうちに訪れれば自然の景観もたのしめます。まさにバーベキュー的レストランでした。

住所: Parco dell'Etna, Via Dottore Giuseppe Zappala, 77, 95039 Trecastagni CT





[PR]
by noranekosicilia | 2017-04-17 05:04 | グルメ、フード、ワイン

ストリートフードの王者 スフィンチョーネ

最近パレルモの旧市街を歩いていると「Street Food」という文字がよく目につきます。まあ、日本語で言えば「屋台食」ということになるんでしょうね。
ストリートフードとは旧市街の市場で食べられていた食べ物。朝が早い市場の人々が10時頃に昼食までの腹ごしらえに食べていたヘビーなおやつなんです。

安くでおなかに溜まるというのが特徴です。最近ではこれがシチリア島のソウルな食べ物として観光客にも大人気となりました。
アランチーニ (ライスコロッケ)なんかはシチリア島中で食べられているストリートフードの代表格ですが、ストリートフードのメッカはやっぱりパレルモ!種類も多く、パレルモを離れると姿を消してしまうものも多いのです。
d0110650_05551377.jpg
市場の中にあるストリートフードのお店では好きな食べ物を選ぶことができます。やっぱ、揚げ物多い!このゴチャゴチャ感最高です!
その中でもパレルモのお勧めはやっぱり「スフィンチョーネ」
d0110650_05360363.jpg
ラードがタップリと混ぜ込まれたフワフワの生地にトマトソースと玉ねぎ、オレガノ、アンチョビ、そしてペコリーノチーズが乗せられたシンプルなピザパンです。屋台では1枚1ユーロくらい。鉄板でジューと温めてくれるのがウレシイ!しっかりした味で1枚食べれば満腹状態です。

d0110650_06085287.jpg
スフィンチョーネはパレルモ旧市街で愛されるおやつ。市場の他にも午前中は3輪トラックで旧市街の中を売り歩く姿もよく見かけます。
パレルモ方言で「スフィンチョーネ、おいしいよ~。なんていい香りだろ~」なんでいう音声が爆音で旧市街十に響き渡り、それを聞きつけた人が買いにやってくるという超アナログなシステムなんです。

アランチーニやパネッレ、ゆでダコにイカフライ…バラエティー豊なパレルモのストリートフードですが、やっぱりパレルモの「食魂」はスフィンチョーネ と思えるほど市民権を獲得している食べ物なんです。

[PR]
by noranekosicilia | 2017-04-09 06:37 | グルメ、フード、ワイン

シチリア中の食材を制覇できるサンロレンツォ・マーケット

はじめて訪れたサンロレンツッオ・メルカート(MERCATO DI SAN LORENZO)。パレルモに昨年オープンした新しいスポットですが、中心からちょっと離れているため足が遠のいていた場所です。
d0110650_05283129.jpg
サンロレンツォ地区は17~18世紀くらいから都会の喧騒を逃れようとして貴族達が建てた多くのお邸が残る場所。そのため家屋スペースも結構ゆったりしているのが特徴です。ここもそんな場所を改築した広いスペースです。
d0110650_05284375.jpg
内部はロフト風なオープンスペース。各アングルにはカフェやアイス屋さんの他、本屋さんやちょっとしたお土産コーナーも。
d0110650_05291338.jpg
このマーケットにあるのは全てシチリア島から取り寄せられた食材や物産品なのです。お野菜、果物はもちろんオーガニック!
d0110650_05290553.jpg
お魚もあります。ちょっと値段は高いかな…
d0110650_05285506.jpg
土曜の夜ということもあり、多くの人で賑わっていました。食材だけを買って帰ることもできるのですが、この場で調理してもらって食事をすることもできます。レストランより安くて新鮮なものが食べられることから夜はディナーに集う人が多いんですね。
d0110650_05292786.jpg
其々のコーナーには食材の生産地が明記されたパネルが設置されてます。シチリア島全ての特産物やワイン、そしてお土産までがここ1箇所で揃ってしまうので時間的に制約がある観光客にもオススメ。

サンロレンツォ・マーケットは毎日10時~深夜零時までオープン。公共交通機関ではちょっと行きにくいので専用車もしくはタクシーを利用することをオススメいたします。

サンロレンツォマーケット公式サイト(伊)はこちら

[PR]
by noranekosicilia | 2016-09-13 07:00 | グルメ、フード、ワイン

シチリアの伝統的な素材で食べるビッグなポルペッタ

今月パレルモ在住の友人達と一緒に昼食をしたのがここ、POLPETTERIA DI SICILIA(ポルペッテリーアディシチリア)。

シチリアの家庭料理でもあるポルペッタ(ミンチボール)を伝統的な素材を使いつつモダンにクリエイトするというコンセプトで始められたフランチャイジングの第一号店です。

d0110650_2421474.jpg

内部は現代的。シックで気さくなところがいいですね。

シチリアの伝統的な素材にこだわっていることから、ネブロディーの黒豚や馬肉などもあります。
どれも3つ入り超大型のポルペッタで8ユーロ程度というところ。

私達は大勢いましたのでお得コースの大皿を選びました。
d0110650_2411911.jpg

じゃじゃじゃーん!5つの味が自由に選べる大皿コース。馬肉、黒豚、伝統的なものに、カジキマグロなど5つの味の其々にお名前の札がついています。

d0110650_241336.jpg

中身にはちょっとした具が入っていて、ボリュームたっぷりです。

気さくにワイワイ友人達とはりたいお店ですね。
お店のサイトはこちら!
http://www.polpetteriadisicilia.it/index.php
[PR]
by noranekosicilia | 2015-10-13 02:50 | グルメ、フード、ワイン

シチリア、春の風物詩 (食べ物編)

やっと春らしくなってきたパレルモです。今年は寒い冬と雨が多くうっとうしいなあ~ という日が4月になっても続いていましたが、ここのところ晴天つづき!

シチリアの春はいいです~

シチリアンブルーの青い空と輝く太陽!気分までウキウキしてしまう。
と、いうことで市場に春の食材を仕入れに行ってきました。

ありましたよ~...ピッカピッカのネオナータ(シラス)が!

と、いうことでゴージャスなランチです。
d0110650_2494039.jpg


d0110650_257958.jpg

ピッカピッカの新鮮なネオナータはやっぱり生で!レモンのマリネでアンティパストです。
d0110650_259124.jpg

そしてネオナーターのリングィーネ。
d0110650_30675.jpg

メインはネオナーターのフリッテッラ!いや~、アツアツをパクリとすると美味しい!

シチリア、春のネオナータ尽くしランチを友人と一緒にお家でゆっくりと堪能しました。
[PR]
by noranekosicilia | 2015-04-17 03:02 | グルメ、フード、ワイン

一度食べたらクセになる!「パスタ・アラ・グラッサ」

レストランには絶対にお目にかかれないけど、一昔前に「タベルナ」と呼ばれたパレルモの庶民食堂では定番メニュー...それが「パスタ・アラ・グラッサ(PASTA ALLA GRASSA) 」です。
d0110650_19334665.jpg

ジャガイモとお肉を煮込みをパスタに絡めたもの。
ほどよく煮崩れクリーム状になったおジャガとお肉を煮込んだスープがうま~く混ざり合い、絶妙のソースとなります。日本の「肉じゃが」と「牛丼」を足して2で割ったようなものと感じるのですが。

もともと昼食時に家へ帰れなかったパレルモの「オペライ」(主に肉体労働者を意味します)達が通った安食堂での一品でした。(こちらでは昼食は家に帰って食事をするのが普通です。)

タベルナまたはトラットリーアと呼ばれた庶民食堂はパレルモの各地域にあり、その地区で働くオペライ達が毎日のように通うことから、日替わりメニューのみというお店も多いのです。
イタリアの食習慣上、日本のようにお料理全てが一気にでてくる「定食型」はなく、必ずプリモ(スープ、パスタ類)とセコンド(メイン)、デザートがありますが、どれも注文から短時間で運ばれるようにシンプルなメニューが多いのが特徴です。

パスタ・アラ・グラッサはセコンドのメニューである「ボリート(肉と野菜のポトフ)」の煮崩れ部分をパスタのソースにしたもので、いうなればプリモとセコンドが一緒になった「ワンプレートスタイル」。短い昼食時間で、プリモとセコンドを一緒にかき込み、お腹がいっぱいになるよう工夫が凝らせてあるのです。

シンプルな料理なので、家庭でも作れます。ボリートを作った際の煮汁と荷崩れ部分でグラッサソースを作り冷凍保存しておくと急がしい時のランチなんかに重宝します。
d0110650_19581963.jpg

こちらが、お家版!ショートパスタで食べやすくしてみました。

作り置きするほど味がしみて美味しいパスタ。「新鮮で最高の食材をつかってま~す」というキャッチフレーズのレストランとは対照的なアナグロ的パスタなんです。

お肉とポテト以外は味も材料も様々。パレルモ各地にあるとラットリーアやタベルナで食べ比べをするのも楽しい一品です。

このメニューがあるお店は昼食オンリーでオープン。メニューもなく、他の人と相席ということもあります。
そういう意味では観光客にはちょっと入りづらい場所かもしれませんが、それだけにパレルモ庶民の素顔を垣間見ることができる場所でもあります。

言葉が心配な方、日本語アシスタントと一緒にパレルモの地元トラットリーア巡り というプランも行っております。
お問い合わせはこちら へ。
[PR]
by noranekosicilia | 2015-01-14 20:14 | グルメ、フード、ワイン

ちょっと気取ったレストラン「L'OTTAVA NOTA」

先日友人と一緒に昼食をとったレストラン「L'OTTAVA NOTA (ロッターヴァ・ノータ)」。

もともと行く予定のレストランが閉っていたため、急遽付近のレストランをネット検索して見つけました。
トリップアドバイザーの上位に掲載されてるレストランって、変な話「地元の人はあまり行かない」場所が多いんですよ。やっぱいい意味でも悪い意味でも旅行者向けなんですよね。

まあ、こういうことでもない限りそういったレストランを試すいい機会 ということで、早速...。

d0110650_20424596.jpg


フェリーチェ門近くにある旧市街の通りにありました。このあたりは観光地からはちょこっと外れているけど、貴族のお屋敷やバロックの教会などもあって好きな通りのひとつ。

お店についたのは午後2時頃。平日でランチだったために誰もお客がおらず入るなり
「もう閉店にするつもりだったけど...」 と一言チクリといわれました。(正直、ちょっとムカつきましたが)

d0110650_2042384.jpg

店内はオリーブ色と白、グレーを基調にしたモダンなムード。いかにも最近のお洒落系レストランって感じですね。
d0110650_2044277.jpg

うーん、夜はロマンチックにいけそうだけどシンプルすぎて昼間はイマイチかも...

d0110650_20464446.jpg

パンと一緒にサービスされたのは自家製の「青オリーブマヨネーズ」
オリーブの風味がクリーミーな味わいとよくマッチしてます。

メニューは旬の食材を使った創作系料理。気さくに飲めるワインからちょっと「気張った」ワインまで揃えも中級クラスというところでしょうか。まあ、お財布にはありがたい。

d0110650_20432227.jpg

前菜はマグロとアドガドのタルタル。旬のアーキチョークフライが添えられてて、これがカリカリと食感にアクセントを与えました。よいオリーブオイルを使用しているから美味しい。

d0110650_20435031.jpg

友人が注文したプリモはジリ(菜っ葉)とイカのパスタ、ウニソース。

d0110650_2044063.jpg

私はセコンド。白身魚のアーキチョークピューレ風。ウニソースがけ。例のアーキチョークフライも添えてありました。

d0110650_20441327.jpg

この日は結構暑かったし、やっぱスッキリとスプマンテ系で。
シチリアの比較的新しいワイナリーが生産するスプマンテとあわせました。

お料理はどれもよい食材を使い、シンプルさを残しながらも珍しい味のバランスを工夫していてなかなか興味深いものばかりでした。

ワイン1本と前菜2、プリモ1とセコンド1で約90ユーロ程度...
レストラン内部はわりと小さくてシンプルなので特に特徴はないですが、味はよかったです。
いつもとはちょっと違うムードで、でもカジュアルに というディナーによいかもしれませんね。

"L'Ottava nota"サイト:
http://www.ristoranteottavanota.it/en/
[PR]
by noranekosicilia | 2014-06-07 21:07 | グルメ、フード、ワイン

パスタ・アラ・ノルマの名前の由来は…

シチリア島の旅で誰もが一度はトライするであろう品の1つが「パスタ・アラ・ノルマ (PASTA ALLA NORMA)」。
素上げにした茄子とトマトソース、バジルに塩っからいリコッタチーズ「リコッタ・サラータ」のパスタで、
ほとんどのレストランのメニューにあります。

d0110650_2123762.jpg

もともとシチリア島の家庭料理なので、作り方も材料もわりといろいろありますが、
この「茄子とトマトのパスタ」を「アラ・ノルマ」と呼ぶようになったのは、この下の写真の方が深くかかわっています。

d0110650_2125858.jpg

19世紀のイタリアを代表する音楽家ビンセンツォ・ベリーニ (Vincenzo Bellini)さんです。
1801年、カターニャで生れた彼のオペラ代表作に「ノルマ (NORMA)」という作品があります。

ある日、カターニャのとある場所にて芸術家が集まり会食をしていた時に出されたのが、このパスタ。
しっかりとした味のハーモニーに感動したある1人の詩人が、パスタの究極の美味しさを

「このパスタはまさにノルマだ!」と表現したことに由来するそうです。

ノルマはベリーニの最高傑作つまりカターニャの生んだ料理の最高傑作 ということを意味したようですが、
名前すらなかったシチリアの家庭料理がレストランで「アラノルマ」という美しい言葉でメニューを飾るようになったわけです。

シチリア「究極」の最高作品、お家で試してみたい方は以下のレシピを参考にしてください。

シチリアの夏!茄子とトマトのパスタ のレシピ|FOODIES レシピ
[PR]
by noranekosicilia | 2014-01-16 02:46 | グルメ、フード、ワイン

絞り立てのオレンジジュースが1ユーロのバール

そろそろオレンジの季節。

今年はシチリア島内のいつくかのバールで、フレッシュな「シチリアンオレンジジュース」が1ユーロで楽しめそうです。

シチリア産オレンジDOP「リベッラ」のオレンジ業者達が、「シチリアで生産されたオレンジでゼロキロメートルクラスのオレンジジュースを1ユーロで提供」というプロジェクトを発動し、それに賛同するバールを呼びかけました。

シチリア島のバールで飲むオレンジジュースの平均料金相場は2ユーロ~3ユーロ。観光地へ行くと更に値段があがります。そして、使用されているオレンジはスペインやモロッコ、トルコなど様々。

そこで、体によいオレンジジュースを地元産のオレンジで提供し、コストを抑えた ワンコインのゼロキロ目メートル作戦で「エスプレッソの代わりに体によいオレンジジュースを!」 といのが目標。

実際に販売するバール側には様々な問題もあり、全てのバールが大賛成というわけではありませんが、
現時点では20数店が賛同。
d0110650_20484044.jpg


お店に上記写真のシールがある場所がシチリアンオレンジを1ユーロで楽しめるバールです。
観光でよく土地よりする都市にあり、プロジェクトに賛同した主なバールは、

パレルモ
スピナート (Antico Caffè Spinnato)
住所 via Principe di Belmonte, 111 -Palermo

コーヒーアンドチョコレート (Coffee & Chocolate)
via Principe di Belmonte, 108 -Palermo

ラグーサ

カフェ・シチリア (Caffè Sicilia)
Viale Sicilia, 12 - Ragusa

キオストロ・サン・ジョバンニ (Chiostro San Giovanni)
via Roma,134 - Ragusa

CRONACHE DI GUSUTO のHPより)

これからも多くのバールが賛同してくれることいいですね。
この時期シチリア旅行を予定されている皆様、是非このシールのバールでシチリアン・オレンジジュースをお試しください。
[PR]
by noranekosicilia | 2014-01-11 21:20 | グルメ、フード、ワイン

ベンデミア(ブドウの収穫)を体験しませんか?

シチリアのワイナリー、プラネタ社(PLANETA)では、9月21日「VIVERE VENDEMIA (ヴィーヴェレ・ヴェンデミア - ブドウ収穫と体験)と称したイベントを開催予定。

シラクーサのNOTO地区にある「CANTINA BUONVINI」にてブドウの収穫体験やワイナリー見学の他、芸術家、マルコ・クリスピーを水先案内人として、「全ての感覚器官に働きかけて」ワインを知る という企画も。

プラネタ社のワイン試飲はもちろんのこと、最後はシラクーサ地域特産物とワインにてピクニックも!
子供連れでも参加OKの遠足系イベントです。

料金は1人25ユーロ (子供10ユーロ)

プログラム概要
9時30分 集合。主催者による挨拶
ブドウ収穫体験、全ての感性を使ったワイナリー見学(マルコ・クリスピー氏主宰)、試飲、CANTINA BUONVINO内領地でのピクニック

悪天候の場合は中止

お問い合わせ、予約は下記へ

メール winetour@planeta.it
Tel. (+39) 0925.1955460
[PR]
by noranekosicilia | 2013-09-13 17:59 | グルメ、フード、ワイン

↓シチリア島のことなら

カテゴリ

パレルモ観光
スト、開館時間、天気NEWS
イベント、シチリアのお祭り
歴史と文化、史跡、美術工芸
グルメ、フード、ワイン
B&B, アグリツーリズモ
ホテル、滞在
ショッピング&お店情報
シチリアのワイナリー
町角通信
現地レポート
シチリアの村
シチリアの町
シチリアの小さな島
旅の豆知識

タグ

フォロー中のブログ

世界たべあるき日記
ヴェネツィア ときどき ...
イタリア・絵に描ける珠玉...
のむりえ日記
白くまユウビンとニィビンの生活
爽やかホハ・ホーラ!

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

記事ランキング

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

検索

ブログジャンル

旅行・お出かけ

画像一覧

その他のジャンル